星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.07.12 Tuesday

ichigoJam

BASICで遊べるIchigoJamを遊んでみた。

小さなボードに収まった結構遊べそうなボードである。

Apple-BASICやN-BASICなどで初めて触れたプログラミングの世界を体験した人には懐かしいはず。

自分で半田付けするパーツキットで1500円、完成品で2000円という価格もうれしい。

 

IchigoJAM BASIC は先のBASICより遙かにコマンドが少ない上、1プログラムの記憶(保存)容量が1024Byteという制約の中でいかに無駄のないアルゴリズムで遊ぶかという点が逆におもしろいボードだ。

 

ボードに、別途用意した、キーボード、ビデオコードでTVに接続、USB-5Vによる給電を行うだけで使える。

キーボードはPS2端子だが、USB変換を入れても大丈夫。

 

IchigoJam BASIC のコマンドリファレンスはB5版の両面一枚のみ。4ポイントくらいじゃないかと思うほどの小さな文字で書かれているので老眼持ちの私には虫眼鏡がいるレベルだ(笑)

 

ichigojam01

 

 

BASICで遊ぶことを目的とするなら大して書くことはないが、電子工作に結びつけて遊べばかなり活用の道がありそう。
ボードの価格からすると、私はそちらのほうに価値を感じる。
百円程度からあるPICマイコンでデジタル回路を組んで作るようなものでも、PICライターや環境の整備などの準備を考えると、ライターなしで、それも単純なBASICで同じような回路組みができそうなIchigoJamは興味がわくところ。
1024byteのプログラム3本がボードで保存できるが、一本(0番保存)のプログラムは、基板上のPUSHボタンを押しながら、電源用のスライドスイッチを入れることで、オードロード&ランできるので、直結加工すれば、キーボードやモニタなし状態で固定プログラムによる利用も可能だ。
ichigojam02


メインのチップには入力4、出力6のピンが未使用の状態であり、各ピンの入出力はBASICにて可能だ。

入力ピンの一部はアナログ入力にも対応しているピンがあるようだが、まだ実際に試していないので今はとどめておく。

デジタル出力PINは20mAの通常のLEDなら点灯できる電流を流せるようで、このあたりもPICと変わらないようだ。

 

なにせ、簡単にBASICを遊べて、ライターなしでデジタル制御回路にも使えるボードの可能性は、少しうきうきする。

次回は、既にBASICで組んだ簡単なお遊びプログラムを紹介する・・予定。

 


2016.05.05 Thursday

夏の星野

岡山アストロクラブの仲間と集まって美作市へ撮影に。
所用があって現地に入ったのは深夜をはるかに過ぎた頃だった。
ちょうどさそりも南中を少し過ぎた頃で、天の川を見るにはよい時間だった。

<さそり座>
Canon EOS6D SEO-SP2 / ISO-1600 / F4.0 / 50mm / 120sec x 4
Leesoft #2
<いて座>
Canon EOS6D SEO-SP2 / ISO-2000 / F4.0 / 50mm / 90sec x 4
Leesoft #2 / 2モザイク
グリーンから黄色へと変化する一筋、みずがめ座η群の流星も飛び込んでくれた。

2016.04.20 Wednesday

火星最接近まであと一か月と少し

5月31日の火星の地球最接近(中接近)まであと一か月と少し。
さそり座のアンタレス、土星と共演中の火星を、自宅からスナップ。
 
なかなか山奥へは撮影に出かけられない状況が続いている。
一度は拡大で火星を撮っておきたいんだが・・

2016.04.05 Tuesday

京都 伏見稲荷大社

娘が東京へお引越し、その道中、夜の伏見稲荷に立ち寄った。
深夜だったせいか桜の時期にもかかわらず観光客はほぼ皆無。


 

 

2016.04.02 Saturday

国立天文台岡山天体物理観測所 2016 春の特別観望会

国立天文台岡山天体物理観測所 2016春の特別観望会にお邪魔しました。
今回は昨年岡山アストロクラブの提案名で命名していただいた おおぐま座の系外惑星系の主星インテルクルース(惑星アルカス)を観望対象とされるとのことで、岡山アストロクラブから10名ほどをご招待いただいたので参加してきました。

シャトルバスで天文台に向かいます。
 
まずはエントランスになっている浅口市岡山天文博物館でプラネタリウム鑑賞。今夜観望会で見せていただける木星とインテルクルースについてのご案内や、オリジナル番組などを観覧させていただけました。

そして主砲188cmの望遠鏡のある国立天文台岡山物理観測所へ。
建設から50年とはいえ、最近では多くの系外惑星を発見されるなど、いまだに国内では研究の最前線の天文台です。
普段はガラス越しでしか見ることのできない施設の中へ。

改めて見るとその大きさは半端ないです。西はりまの2mよりも口径では劣るものの、遥かに巨大なドームとその望遠鏡に萌えました。

床が東西分離してせりあがり、観望の始まり。
この日は、あいにく薄雲にて、明るい木星だけを観望するということになりましたが十分満足です。


2016.03.17 Thursday

Canon EF-M 22mm F2.0 STM

以前現場に置き忘れてしまったEOS-M。先日キタムラさんでボディ10Kほどであったので即入手。
置き忘れEOS-Mの遺品レンズ EF-M 22mm F2.0 を取り付け久しぶりに使ってみたが、デカい一眼レフよりフットワークいいのは助かる。



F2.0開放で思いっきりボケ効かせてそのあたりを撮りまくり。
まずは、先日いただいたお花さま。

この画像ではわかりにくいが、ISO-1250(AUTO)だと若干ノイズが気になるな〜。特にぼけてるところなんか。

次は別の日に海岸で撮ったもの。まぁこんなもんかな。


2016.03.13 Sunday

3月の観望会

久しぶりの開始時刻から参加した、岡山アストロクラブの観望会。
冬の星たちが西の空に傾きかける春先ではあるが、夜はまだまだ冷えた。
 

 
東の空では北斗七星を抱える大熊が立派な姿を現していた。


2016.03.02 Wednesday

西に沈むオリオン(タイムラプス)

西に沈むオリオン座(タイムラプス) @岩倉にて

あんまり時間がなかったので尺短いっす。
今度はしっかり時間かけて撮る!


2016.01.10 Sunday

US10カタリナ彗星の動きほか

大芦高原にて

C/2013US10 カタリナ彗星のタイムラプス
動いている様子がちょっとだけわかります(^^;



かに座のカニミソことM44プレセペ星団
M44プレセペ
Takahashi epsiron-160 / Canon EOS6D - SEO-sp4 / ISO-1600 3min x4

これまでで一番さえないシーガル(いっかくじゅう座のわし星雲)
ISO-1600 4min x 12

 

2016.01.08 Friday

夜露対策 レンズヒーターの製作

昨年、小型双眼鏡やレンズ一本、コンデジ、フィルター類などカメラの細々した用具を入れたケースを、撮影現場に忘れて戻ったとき(二週間後)には当たり前のようになく、不自由したのだが、とりあえず、夜露対策のレンズヒーターを確保しないといけないシーズンとなった。

一緒に無くしたヨコタさんヒーターもよかったんだけど、今回は自分で作ってみた。
まずは、ホームセンターで250円程度の100V-600Wのニクロム線を購入。熱実験だ。



実際の使用電源の想定と同じモバイルバッテリーと同じ5Vを流し、クリップのはさみ位置を動かしながら、ほんのりいい感じに暖かくなるかどうかやってみる。



ニクロム線100V-600Wということは切らない状態での計算値抵抗17Ω程度。
消費電力のことを考えて、できるだけ短くカットして、適当な熱量を出せる電流を流したい・・ということで。

レンズに巻くきやすい長さとして、元々の6分の1程度(伸ばすと約1m)を使うことに。これで抵抗値3Ω程度だ。
テスターで実測してもほぼ同じだった。
電流抑制のための10Ω抵抗を一本入れて、電流をおよそ300mAとし、再び5Vを流して熱テスト・・よさそうだ。
これなら、小さなモバイルバッテリーでも数時間、しっかりしたやつなら一晩いけるぞ。



巻き付けも面倒なので、今回はレンズフードにビルトイン! このレンズ専用品だわ(笑



格好良く?コネクタ接続加工をし、さらにUSBコードも作って出来上がり。



最後は冷凍庫に突っこんでテスト。



キンキンに冷やして、たまに息を吹きかけて曇らしてみては、また冷凍庫へ。
大丈夫だ。

これならナンボでも作れるわ。
 

▲top