星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2014.05.02 Friday

サイピアでの天体写真展(太陽系編)始まる

岡山市北区伊島町(池田動物園となり)のプラネタリムのある施設「サイピア」で、岡山アストロクラブ提供による今年2回目の天体写真展がはじまりました。
 

前回は、冬から春にかけての星座写真や天体写真でしたが、今回は太陽系がテーマです。
サイピア開館一周年記念にあわせての展示となっています。

岡山アストロクラブ会員によるA3サイズ30点の天体写真を展示しています。私も数点出展しています。
太陽や惑星、彗星、月、流星、天文現象(日食、月食など)を中心に、私たちが住む太陽系天体の様々な顔がご覧いただけます。

優しく美しい星空を写し出す五藤光学の最新鋭プラネタリウム観覧とセットで足をお運びいただけると幸いです。
展示予定期間は4月29日〜7月12日(月曜休館)、展示場所はサイピア2F、プラネタリウムを囲むウォールギャラリーです。

以下は、展示設置した時の展示の一部様子です。






2014.01.26 Sunday

サイピアでの天体写真展はじまる!

岡山市のプラネタリウム施設「サイピア」さん主催、岡山アストロクラブ提供の天体写真展「晴れの国の星空〜冬から春にかけて〜」の展示準備にでかけた。

一般公開は1月28日から3月29日までとなっている。
 
今回の展示は、昨年12月サイピアさんからのご提案をきっかけに急きょ決まって約一ヶ月で準備したもの。
あくまでもサイピアさんが主催・会場提供で、岡山アストロクラブは写真提供と展示準備を担当。
うえのチラシもサイピアさんのほうで広報用にお作りになったもの。
お近くの方、最新鋭のプラネタリウムとセットでぜひサイピアにお立ち寄りくださいませ。

で、準備時の風景。



展示フレームには、サイピアさん所有のB2ポスターフレームを使用。写真はA3のため、B2サイズの黒画用紙に貼り付けてフレーム収納する作業から始まった。



解説を付けてプラネタリウムドームの外周壁面に沿って展示。いろんな現場アイデアや小道具でなかなかきれいに展示できていると思うのだが・・それは現地に行った方がどうぞお確かめを(^^;

展示写真は、クラブの展示会とは趣が少し異なり、南天星座数点を含んだ星座写真や星野写真が主体。半数は天体を直焦点撮影したものや岡山の星景写真を含んでいるが、一般のお客さん目線&教育的要素重視ということで、そんなセレクトになっている。



展示終了後、コンソールが見たくて、サイピアの職員さんにムリをお願いしてプラネタリウム内部の見学をさせてもらった。
改装前のコンソールもステキだったのだが、五藤光学のこの色合いやらボタンの多さ...なんかよくわからんがすごく萌えるコンソールだ。

▼改装前の操作卓

ってな感じで、2ヶ月ほどの展示がはじまり。また様子覗いてみようかな。

▼サイピア(旧 岡山県立児童会館)

2013.12.29 Sunday

年末の観望会

昨晩は岡山アストロクラブ今年最後の定例観望会の日だった。
会場では会員有志によるフリーマーケットも開催。
 

夜はグッと冷え込んで氷点下6度とか。
一晩中晴れの天気で星もよく見えてました。


夜半過ぎにはカノープスも。


回廊の曲線とほんのり漏れる照明の色が気に入っている観望会場脇の建物で冬の大三角を固定撮影。


2013.09.20 Friday

OAC名月鑑賞会

岡山アストロクラブ有志での名月鑑賞会にでかけた。
場所は岡山空港サイドの高台。
ここ数日雲一つない天気にて中秋の名月のもと数時間の談笑会となった。



いまひとつピントが決まっていないが一応直焦点でパシャリ。



2013.08.04 Sunday

岡山後楽園「幻想庭園」星空観望会

岡山後楽園 夏の恒例行事「幻想庭園」開催期間中の星空観望会のお手伝いに出かけた。
いつ雨が降っても不思議でないようなあいにくの曇り空で観望会にはならなかったが、倉敷科学センターさんを中心に、岡山大学、岡山理科大学、岡山アストロクラブなどのメンバーや関係ボランティアさんが集結して今年も開催された。



岡山大学さんが今年はプロジェクターを持ち込んで星空解説されてたので、曇り空にはちょうどよい人集めになっていた。



自分はというと機材も出さずに待機&空き時間で園内を散策させてもらった。





年々飾りが少なくなっているように思える園内だが、多くの人で賑わっていた。



曇のおかげで初めて幻想庭園を楽しむことができた。


2013.07.21 Sunday

OAC定例観望会/瀬戸にて

今日は岡山アストロクラブの定例観望会だった。
あいにく雲ばかりの空だったが、雑談会になっても良いことを覚悟して岡山市内の観望地でもあったため幹事さんに開催をしてもらった。
ゲストの方も3名ほどお越しくださったり、ある会員さんの新聞取材対応などもあって、これはこれでなかなか楽しく過ごせた。



最近入会されたメンバーさんがお持ち込みされた珍しい赤道儀と筋の良いミザール製の古いニュートン・・いいものを見せてもらった。

▼その赤道儀をみなさんで突いている様子


次回のOAC定例観望会は8月、井原市(旧美星町)星空公園の予定だ。これは年に一度の天体ドーム、60センチカセグレンでの観望会なので楽しみだ。
どなたでも無料で参加できるので、機会があればお越しになっては?

2013.06.30 Sunday

星に飢えた者たちの集会

梅雨の週末、久しぶりの晴れ間にてOAC緊急星見集会に出向いてきた。
場所は岡山市東区六番川水の公園。
うっすらと夏の天の川が見えていた。岡山市内でも少し市街地から離れると天の川が見える場所があるんだな〜と再認識できた星見会だった。
割りと急なお誘いだったのだが、9人ほどが集まり久しぶりの星空&会話を楽しんだ。

久しぶりに観たヘルクレス座95番星(二重星)は美しかったわ〜



2013.05.12 Sunday

岡山アストロクラブ例会

週末、岡山アストロクラブの例会に行ってきた。
今回はお二人の幹事さんの計らいより、一般来場者さんのおもてなしに一区切りつく午後11時頃から初心者も含めた天体手動導入イベントが開催された。
普段は各々に機材を出してはいるが、同じ目的を持って手動導入して楽しむのはとても楽しく、また天体や機材の扱いを覚えるにはいい機会だと改めて感じた。

▼会場の大芦高原にて
岡山アストロクラブ
※プライバシー保護のため超縮小画像としてます

さて、この日の空はこれまで大芦高原では見たことのないほどの素晴らしい空だった。
ちょうど夕方から低気圧の裏に入ったことや、地上の湿気がモヤとなって高原下の光害を多少遮っていたのかもしれない。
夏の天の川もいつになく白く濃淡のあるダイナミックな姿だった。

天の川
Canon EF 16-35 2.8L / f2.8 / 35mm
Canon EOS5D mark3 / ISO-3200 / 露出102秒 / CD-1追尾

グラウンドのバックネット前から見上げる夏の大三角と天の川に心を吸い込まれた
夏の大三角
Canon EF 16-35 2.8L / f2.8 / 35mm
Canon EOS5D mark3 / ISO-3200 / 露出55秒 / CD-1追尾

こんな素晴らしい空での定例観望会はほんとに久しぶりで満足だった。

2013.05.06 Monday

サンピア でのイベント「天文機材の選び方」

ゴールデンウィーク直前に新しくリニューアルして生まれ変わった「サイピア」@岡山市北区にて、この日は岡山アストロクラブの講話イベントをやってきた。

タイトルは「実機でわかる!天文機材の選び方」

一回90分、午前・午後2回実施してきた。
朝からOACのメンバーさん10名ほどで手持ちの機材を並べてもらって会場準備。
午前午後あわせて事前申込みでは30名程度だったが、当日飛び込みのお客さんも含めて60名程度の入りだった。

ビクセンさんや、タカハシさん、ケンコーさん、ボーグさん、スコープタウンさんなどのメーカさんからはカタログや読み物、様々なノベルティグッズなどを提供いただいて大変ありがたかった。
ケンコーさんなどは太っ腹で定価17000円の双眼鏡Artosシリーズ8x40(防水・WideType)の新品を2つも頂戴し、午前と午後のお客さんでじゃんけん大会してお渡しさせてもらった。
また、読み物ではスコープタウンさんから頂いた星空ガイドブック(定価700円とあるが・・)は大変充実した冊子となっていたため、講話中天体の説明などで使わせてもらった。

サイピア

今回の講話の資料作成や講話自体は私が担当させてもらったが、こういうときにOACの仲間たちの協力パワーにはほんとうに助けられる。
望遠鏡や双眼鏡のカタログ仕様表によくでてくる用語やその意味、機材選びのポイントなどをざっと解説し、後半15分程度実機見学してもらった。
ここでも会員個人の機材ということで、それぞれの所有者に解説やお相手をしてもらっていた。

サイピア

講話後に参加者さんからいただいたアンケートでは上々な感じだったが、内容的に少し駆け足っぽい進め方だったのが少し反省点。
まぁ、一般のショップでは聞けない、言えないことを聞いていただけてよかったのかな。

※本記事掲載写真はてつくんさんよりご提供頂きました。ありがとう。

2013.04.12 Friday

サイピア開館!講話イベント「実機でわかる!天文機材の選び方」のご案内

岡山アストロクラブが担当して行うイベントのご案内です。

-------------------------------------------------------------------

中学生程度〜大人の方を対象とした無料講座 「実機でわかる!天文機材の選び方」のご案内です。
この講座は、旧岡山県立児童会館がリニューアルして誕生するプラネタリウム併設施設「サイピア」のオープニングイベントの一環で岡山アストロクラブが担当して行うイベントです。

<講座の概要>
▼初心者には難しい天体観望機材(双眼鏡、天体望遠鏡、架台、周辺パーツ)選びについて、観望対象や将来やりたいことからアプローチしながら、適性に応じた天文機材を自身で選定できるようになることを目的としてお話します。
▼多数メーカーの実機10台程度を用意して望遠鏡の仕組み・構造からその適性や使用方法、長所・短所などをお話します。
▼後半では望遠鏡メーカーや主な専門店のご紹介、実勢価格などもお話します。

<会場や申し込み先など>
岡山県生涯学習センターでの一次受付は終了(ホームページ上では締め切り)していますが、定員にまだ十分な空きがあるため追加募集としてご案内しています。
参加応募については、岡山県生涯学習センター振興課(電話:086-251-9751)へお願いします。

開催場所:岡山市北区伊島町3-1-1 三学ぱる岡山内 岡山県生涯学習センター サイピア
開催日時:平成25年5月6日(祝) 午前の部 10:30〜、 午後の部 14:00〜
募集定員:午前午後各部40名(計80名) ※募集定員に達し次第追加募集は終了となります
参加費:無料 ※事前申込みが必要です
申し込み先:岡山県生涯学習センター振興課(電話:086-251-9751)




▲top