星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2014.09.18 Thursday

近場で行ったことないとこを巡る

わりあい近場なのに行ったことがない場所ってあるもんで、この日、暇に任せてそんな場所を巡ってみた。
ついでに半分ほど星景写真のロケハンみたいな感じかもしれない。(あまり使えそうな場所は無かった)

最初は岡山市東区西大寺の上寺山餘慶寺。駐車場からは西大寺市街地の眺めがよい。
境内は広くいくつもの院、お堂などが建っている。
 


本堂の横には江戸時代末期に建てられた三重塔がある。



スイレンの花が品良く咲いていた。
このお寺やら岡山県内の寺社を対象にフォトコンテストをやってることを現地で知った。
過去には星景写真みたいなので最優秀とってるものもあるようだ。



次に向かったのは、瀬戸内市邑久町にある門田貝塚。
JR邑久駅から近く、普段よく通っているが全くあることを知らなかった。それも国指定史跡とな。



復元貝塚だが、こんな感じで展示されている。



最後は瀬戸内市邑久町虫明にある皇子の滝へ。
岡山ブルーライン虫明ICを虫明方面に、細い虫明の町並みを抜けていくと小さな看板がありほど無く到着。
この案内看板のある駐車場から徒歩15分程度で滝にたどり着ける。



部分的に藪が深いところがあったが、山登り感覚は無くほとんど平坦に歩いた感じ。
よほどの物好きでないと来そうにない。


2014.09.12 Friday

宇宙博に行く

急に思い立って千葉幕張で開催中の宇宙博に出かけた。
初日昼頃に岡山を出発、京都に立ち寄り、まずは改修を終えた平等院へ。
平等院は何度も来ているが、世界遺産登録後は初めてで、展示施設などがとても良くなっていたし、改修を終えた鳳凰堂も色彩豊かにお化粧直しされていて、これまでにない美しさだった。
 


次に京都八幡市にかかる流れ橋へ。
ここも何度となく訪れているところだが、大水で流されている状態のまま直されていないとのことで、立ち寄ってみた。
これではご自慢の時代劇撮影はできない感じ。ほんとうに流されたままだった。

流れ橋
夕方になり宇治に住んでいる親戚のお家に少し顔を出してから、京都市伏見区の伏見稲荷大社へ。
夜の伏見稲荷に行くのは初めてで、なかなかいい感じだった。
最近は、京都を訪れる外国人観光客の人気スポットナンバーワンだとかで、夜にもかかわらず確かに外国人さんがたくさん。
 
伏見稲荷大社
千本鳥居はここだけの景色。



伏見稲荷

装飾品もどでも細かくて見事である

夜高速をひた走り、途中軽く車中泊して、千葉幕張入り。
走行途中は大雨で、大雨洪水警報まで出る始末。現地到着時点ではさほどではなかったので助かった。


宇宙博会場入りしたときは平日の開場後1時間だったが、お天気のおかげか全く混雑していなかった。
チケットも並ぶことなく買えてそのまま入場。


展示が多くて説明含めてじっくり見ているとおそらく半日はかかる感じ。
米ソ日本の宇宙開発の歴史と未来を物語る様々な展示でいっぱいだ。
宇宙博という名だが、宇宙開発がメインで、純粋な天文関係はほとんどなく、国立天文台などがパネル展示と建設中の大型天文台TMTの模型などが少々あっただけ。

アポロ帰還船と帰還時のパラシュート展示は迫力満点
 

退役したスペースシャトル・・そのコックピットレプリカの展示


コックピットは意外と狭い印象だが、他の宇宙船よりは圧倒的にスッキリしていて広い。
整然と電子機器が並んでいて、SF映画そのままだ。


国際宇宙ステーションの展示では、正確に再現された日本のきぼうモジュールの実物大が。


 

はやぶさの実物大レプリカには人気を反映してか人だかりが絶えない。


日本のロケット開発の歴史コーナーもなかなかおもしろかった。


気付く人は少ない様子だったが、足元にはイプシロンロケットの実物大のシートが敷いてあった。


金星探査機あかつきと相乗りで打ち上げられたソーラーセイルの実証機イカロスの展示。
帆一枚の大きさが実感できる展示が素晴らしい。



他にもNASA関係の様々な展示もあってワクワクの一日だった。


8Kビデオによる5分ほどの宇宙ビデオの上映もあった。
内容はしょぼかったが、映像は確かに素晴らしい。8Kくらいになると映画館でも全然いけそうな映像品質だと感じた。
 

最後はショップ。これまでに見たことのない量の宇宙関連グッズがあり、見るだけでも飽きない。
 

iPadが決済端末になるsquareでのクレジットカード決済が入っていた。個人でも簡単に決済環境が導入でき、最近はコンビニでもデバイスを売っているが、使っているのは初めて見た。
結局たくさん買い込んでしまった。


千葉の友人宅にお土産だけを届けて、その日のうちに帰路へ、行きは雨のため見えなかったスカイツリーもいい感じでチラ見することができた。



移動時間ばかりの千葉行きだったが、寄り道も含めて気軽な一人ドライブだった。

------------------------------------------------------------------
SONY Action Camで少しだけ会場の様子を動画撮影したもの


2014.06.12 Thursday

ホタル三昧

星は長らく見えない(観てない)ですが、せっかくのお休みだったので山間のホタルをロケハンしながら観てきました。
3時間ほど、川の流れる田舎の国道沿いを歩いたり撮影したりと一人で散策しましたが、出会った車は0、人も0、シカ10頭以上、ホタル多数でした。
シカは生身で出会うとビックリしますが、しばらくこちらを伺ったら相手の方から逃げていくので最後の方は慣れてしまいました。


ホタル道@岡山県備前市にて
ISO-3200/F2.8/6秒露出/112枚比較明合成


せせらぎに舞うホタル





2014.03.04 Tuesday

梅林散策

春が少しずつ近づいてきている。
近所周りの梅も結構開いてきたので、少しだけ足を伸ばして岡山市東区西大寺にある神崎梅林に行ってきた。
 

本来の神崎梅林は昔からある神社先の畑のようなところだが、数年前か隣接して大きな公園が整備され、梅まつりが開かれるなどでそちらがメインになってきている。


ちょうどいいころの咲き具合。
平日だった天気がよかったせいか、人出も寂しすぎず多すぎずでよい散策ができた。


ちょうどタムロンのSP90マクロレンズを持って行ってたので花弁を接写したりして遊んでみた。






あと一月もすれば桜が咲く。春がすぐそこまで来ていることを実感した一日だった。
 

2014.02.14 Friday

カシオ スタンプメーカー Pomrie ポムリエ を試す

昨年暮れに発売されたカシオのスタンプメーカー「Pomrie」(ポムリエ)を試してみた。
ポムリエはパソコンやスマホ(Wifi接続タイプ)で提供されるソフトウェアを使って簡単にスタンプを作成できる機械。
スマホから使うことはないので、あまり価格差はないが多少安いUSB接続タイプを手に入れた。
既にアマゾンなどではUSB接続タイプなら4000円を切って販売されていて手頃だ。

添付されている専用ソフトでは何百種類ものテンプレートや、自身で用意した画像から簡単にスタンプを作成できるのだが、小さなボディながら最大サイズは45mm×90mmと名刺用紙にでも少し小さめながら使えるサイズにまで対応している。
スタンプキット(木製の台、スタンプシートなどのセット)は大きさに合わせて8種類用意されいて、最も小さなものは15mmx15mmとなっている。
スタンプは顔料系インクを浸透させて使うタイプであるため、何度も連続してスタンプできる。

早速PCにソフトをインストール、あらかじめ用意した画像をソフトで呼び出し。

ソフト上で様々なエフェクトを適用しながらプレビュー画面で仕上がりの雰囲気を確認しながら進める。
ソフトウェア自体はとても簡単で、説明書も必要なく誰でも使える感じにできている。
最後の仕上がり確認ができれば、ポムリエを接続&電源ONしてから「製版」ボタンをクリック。
画面の指示どおりスタンプシートを背面から挿入すると自動ローディングされて製版が始まる。

▼製版中
ポムリエ

製版されたスタンプシートの中身(黒いゴム状のもの)を取り出し、スタンプ台に貼付。

こんな感じでほぼ出来上がり



スタンプ面にインクを載せる。
インクも純正品で何色か用意されているが、文房具屋や本屋などで200円も出せば買える浸透型スタンプインクでもいけそうな気がする。

しっかりインクがしみ込むまで数分待ち、何度かペタペタするとちゃんとスタンプされた状態になってくる。
キレイに押せるようになったらスタンプキット付属のシールにスタンプして、そのシールをスタンプ台に貼ったら出来上がり。



で、試してみた感想だが、

・製版密度が仕様では200dpi、大方実際の出来上がりでもそんな感じだが、付属ソフトで細かなディザ(点)で表現されるような中間調部分(特に写真向きとされるリアルモードは要注意)は、製版でうまく反映されない。よって、中間調を含むデザインはあらかじめ粗めのディザによる二値変換画像をレタッチソフトで生成しておくか、付属ソフトのエフェクトの調整でしっかり濃淡をつけたり、粗めのディザで表現されるものを使う方がよさそう。

・元々が二値デザインのものなら思いのほか細い線でもきちんと製版されスタンプできる。スタンプ上0.2mm程度の線でもなんとか切れ目なく表現できているし、0.5mmほどの線であればしっかり表現できている。前の細かなディザ(点)が製版に反映され難いこととは相反することだが、割合小さな文字でもスタンプ化できるようなのでこれは安心点。

・付属ソフトのプレビュー画面では実寸表示ができない(大きめの表示)ので仕上がりイメージがつかみにくい。

・スタンプキットが微妙な価格設定のため湯水のようには製版して遊べない。(最小15mm角で500円前後、最大サイズは2000円を超える)

名刺用のワンポイントスタンプやら住所スタンプ、子どもも作ってみたいようなので、しばらくはまだいろいろやってみれそうだ。
 

2014.02.11 Tuesday

サイピアでの天体写真展

サイピア(岡山市北区)へ出かけた。
サイピアでは現在OAC全面協力の天体写真展をやっているが、その様子のチェックも兼ねつつ、この日、初めてお会いする鳥取天文協会の方がわざわざ寄ってくださるとのことで現地で待ち合わせ。
合わせて、前日にOACのメンバーさん達に同行してくれる人を募っていたところ、11名ものメンバーが集まってくれた。
少し早く到着し、親子連れさんが熱心にOACで用意していた天文クイズをやってくれてたので、少々お相手。
また、若い女性二人組がメンバーの撮影したモンキー星雲の写真を観ながら「どう猿に見えるの?」と言っていたのでご説明。先日撮影者さんから教えてもらった「逆さ猿」もひっくり返してご説明。どちらの猿も大ウケ。
 
鳥取の方とは顔合わせと少々の情報交換でお別れとなり、その後OACメンバーでプラネタリウム観覧。

プラネタリム投影装置は全く詳しくはないが、サイピアの五藤光学クロノス兇郎廼瓩離廛薀妖蟇徳置にしてはメカニカルな感じがとても好みだ。

ほんとはダメなんだが、迷惑にならないよう静音モード&液晶をふさいでこっそり投影されてる星空を撮影。
あとで気がついたことだが、Leeソフトフィルターが入っていたので、なんか本物の星空みたいな ^^;
で、投影されてる星空はほんとうにナチュラルな見え方でとても好印象。この日担当されていた解説の女性、たぶん10ヶ月前の開館記念イベントの時と同じ方だと思うが、口調が別人のように滑らか。
褒めているのだが、まるで新幹線の売り子さんのようなソフト感・・「え〜お弁当にぃお茶ゃ〜、ビールにぃおつまみぃ〜、岡山名物のきびだんごは〜ぁいかがですかぁ〜」的な。

その後、OACメンバーで隣の京山にプチハイク。昔は京山遊園、その後スカイガーデンとして営業していたのだが、今は太陽電池パネルの実験施設となっている。この巨大なパネル(2機)が太陽を追尾しているのだ。

バルコニーからの眺めは昔のまま。
京山にはサイピアと池田動物園の間にある登山道を徒歩で上がるのだが、その道は昔京山ロープウェイがあった場所。
星景でも撮ってみたい場所だが、夜間は入ることができない。

ロープウェイの駅舎はそのまま残っている。

さらに、裏手に回ると・・

これも懐かしい、1960年代製造の自衛隊戦闘機の実物展示がそのまま残っているし、

ほぼ廃墟化したジェットコースターのレールも残っていた。

そんなこんなで少し春を感じる日差しの中、みんなと楽しい時間を過ごしたのであった〜
 

2014.01.16 Thursday

月天心

今日は新年最初の満月。
冬は夜間黄道が立つために満月は高く、今夜の満月の南中高度も約70°と高い。
地上を煌々と照らす冬の高い満月を見ていると、蕪村の有名な句に出てくる月天心がまさにピッタリ。
夜も更けた寒い冬、明るい月光が照らす灯の消えた家々を見ていると、いつにも増して静けさを感じる。
 
月天心

2014.01.01 Wednesday

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうござます。
本年も皆さんにとってよい星見ができる年となりますよう祈念いたします。
どうぞよろしくお願いします。


2013.12.07 Saturday

五藤光学カレンダー DEEP SPACE 2014

今年も五藤光学さんから来年のカレンダーを送っていただいた。
NASA画像で構成されているが、印刷が綺麗でマニアックな天体も多くとても気に入っている。
 
五藤光学カレンダー
昨日は夕方見えるラブジョイ彗星を狙いたいと思っていたのだが、中国からの飛来物のせいなのか、快晴のはずなのに空が超悪くそんな気分になれなかった。ここ一週間から10日程度は、日没後のラブジョイが最高高度あたりで狙える貴重な期間。なんとか星景タッチにものにしたいところだが・・この先どうだろうか。

▼ラブジョイ彗星の日没後(17:45)日々の高度変化(岡山市)
※星座に対する位置を示すものではない(背景星座は12/6時点)

さて、今朝は霜が降りるほどの寒さ。朝散歩撮影したのでついでに掲載。


朝日でキラキラ
 

 

2013.12.04 Wednesday

特殊切手 星座シリーズ 第4集

特殊切手 星座シリーズ第4集 が本日発売され、近所の郵便局で購入。
これまでなんとか忘れずに第1集から漏らさず買えている。第3集までは一年ほど経過して次が出るという感じだったと思うが、今回は半年も経たずに第4集が出た。これはイレギュラーっぽかったので、たまたま情報を目にしなければもう少しで逃すところだった。危ねー。
 
切手星座シリーズ第4集
今回は冬の星座である。どれも馴染み深い星座で一番のお気に入りになりそうだ。

▲top