星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< カメラネジのアルミ三脚 | TOP | ユニバーサル パラコア >>

2008.05.13 Tuesday

ミードSN8のミラー清掃

ミードSN8鏡筒では、バックフォーカスが短いために、直焦点撮影時にはピント位置が結構鏡筒側で合焦する。つまりドローチューブが鏡筒内部に押し出された位置となり、主鏡の面積比で約6%程度遮蔽してしまっていた。
そこで、ドローチューブの鏡筒側を4センチほどカットし、直焦点時の主鏡遮蔽をなくす改造をした。
どれほど効果があるかは疑問だが、少しは改善を期待したい。

さて、その際、主鏡や斜鏡に付着した汚れが気になっていたので清掃を行った。斜鏡は補正板と一体化しているため、補正板と主鏡セルを外せば清掃は可能だ。
外す際は、インチ規格の六角レンチ(ホームセンターで手に入る)で作業を行う。主鏡も補正板もそれぞれたった4本のネジで止まっているだけなので外すのは容易い。
大きなホコリを吹き飛ばしたあと、霧吹きで水を薄くかけ、ティッシュで拭き取り、最後はめがねクリーナーでふきあげて清掃完了。
作業の最後は組立後、光軸をざっと合わせて本日の作業は終了。
あとは次回の出撃の際に星の干渉光で光軸をさらに正確に合わすのみだ。

SN8鏡筒の清掃

▲top