星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 醍醐桜 | TOP | M53球状星団とM51子持ち銀河 >>

2014.04.23 Wednesday

県北新開拓

岡山県北に出かけた。
普段は県南ばかりで撮影して、夏の天の川狙いともなれば年に一〜二回四国に行く程度。
岡山から瀬戸大橋を渡り四国に行くと高速代&ガソリン代で1万円仕事。
岡山県はなだらかな山が多く、県北でもさほど高度は稼げないものだと思っていたところ、先日たまたま立ち寄ったある場所はちょっと期待できる場所。
直焦点でも20人くらいできるスペースがあり、ほぼ360度開けている高度1000メートル。特に北東〜南は地平線まで開けている。それでいて、岡山市内からは地道のみで日中でも2時間半ほどのところ。
なにが期待をそそるかというと、その地図上でのポジション。光害の大きな岡山市や近くの津山市は少し西に振った位置であり、真東や真南には光害の直接向く方向ではないというところ。

突然見つけた場所だったが、あいにく訪れた日は薄雲&微粒子?が多く肉眼でようやく天の川がうっすらと認識できる程度の天気だった。
これはぜひリベンジして真のポテンシャルをチェックしたい場所だ。

唯一撮影した写真は下。

<天の川と赤い月の出>
 

F4.0 ISO-5000 25sec 16mm

 

▲top