星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 夜景の見える山頂にて | TOP | 雪と星 >>

2014.02.07 Friday

CD-1プチ改良

ポータブル赤道儀CD-1、結構長く使っているが、未だに極軸合わせがスムースに行かず腹が立つことが多い。
本体に取り付けられている細いパイプに北極星を入れるなんぞ、いくら微動のある三脚に載せても、そもそもうまく覗けないし、当然導入となると一苦労する。
 
割と正確な設置はパイプを通してレーザーを飛ばす方法だが、迷惑になりはしないかと実際はさほどレーザー設置は行わない。
先日はこのパイプの覗き口に蓄光シールを貼ったりもしてみたが、顔面を三脚に当てながら細い覗き口を見るのは相当に不便だ。
ということで、今回は大きな覗き穴と小さな覗き穴のあるアングルを取り付けてみた。
大きい穴で北極星を大まかに導入、小さい穴で精度良く。そんな使い方を想像している。
軸も明るいうちにパイプの示す目標物と合致するようアングルを慎重に位置調整しながら取り付け。



それでも夜間は穴自体がよく見えないだろうから、センタリングマークを蓄光テープで作って貼付。
これでしばらく使ってみようと思う。
目標は10秒設置!


▲top