星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< 二次元 VS 日本刀展 | TOP | ISSを久しぶりに撮影 >>

2013.08.16 Friday

いるか座の新星

8月14日に山形県の板垣さんが発見された いるか座の新星 が肉眼レベルまで増光しているとのことでチェックしてみた。

自宅での空は、あいにく結構な薄雲が全天を覆っていて、さらに月明かりで肉眼では2等星がギリギリ見えるくらいの空。双眼鏡では余裕で確認できたのでカメラで撮影。

いるか座の新星

明るさを比較すると、や座のγ星(3.50等)より暗いが、や座のη星(5.09等)よりはだいぶ明るく、いるか座のα星(3.77等)に近い印象。4等台まで増光しているのは確かなようだ。

今回の新星は、分光観測から既にClassical nova(古典新星)ということがわかっているらしい。近接連星系の片割れである恒星から水素ガスが徐々に近接する白色矮星に吸い取られ、その表面で凝縮&核融合爆発したことによって一時的に輝いているそうだ。

一応同定に使用した写野とほぼ同じ角度の星図を下に貼っておく。





▲top