星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 特殊切手「星座シリーズ第三集」 | TOP | OAC定例観望会/瀬戸にて >>

2013.07.11 Thursday

一コマ6秒露出で亜鈴状星雲を撮る

梅雨が明けた新月期の夜空、天体写真を撮りに出かけたい日々が続くがなかなか都合も付かずで、仕方なく自宅軒先で少しだけ簡易直焦点撮影して遊んだ。

赤道儀を出すほども元気がなかったので、久しぶりにスカイウォッチャーDOB GOTO 10で直焦点してみることに。

対象は天頂付近にきたM27亜鈴状星雲。
以前DOB GOTO10で直焦点したときの経験を活かし、今回も一コマ露出時間10秒以内の設定でそこそこ歩留まりよく追尾&撮影できることを優先して作業。
さらに今回は街明かりなどで空の明るい自宅と言うことで光害カットフィルターのLPS-P2も装着。

カメラは、Canon EOS 5D mark3 / ISO-16000に設定。
完成画像との比較用にまずは6秒露出一コマものの画像を貼っておく。



50%トリミング、リサイズ以外は何もしていない。
さすがに一コマ画像は醜いもんだ。常用感度最大のISO-25600ではひどく画像劣化していたので、ISO-16000まで下げてこれ。

で、気合いを入れて128枚コンポジットしようかと、これを約15分間程度、約140枚ほど撮影。
いざ処理をしようとPCで撮像を見ると追尾ズレで今ひとつのモノも多かった。なので仕方なく半分の64枚でコンポジットすることに。
コンポジット後画像調整したものがこれ。
星像がきちゃないのはご愛敬と言うことでご勘弁を。

亜鈴状星雲
▲M27亜鈴状星雲
Sky-watcher DOB GOTO-10 / LPS-P2
EOS 5D mark3 / ISO-16000 / 6秒x64枚加算平均合成 / 50%トリミング

追尾ドブと高感度が使えるデジカメならでは?のお遊び画像でした。



▲top