星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< タイマーリモートコントローラ完成ぃ〜 | TOP | LED常夜灯&非常灯 >>

2013.06.05 Wednesday

導電性の見たこと無いパーツが・・

ほぼ独り言。
100円ショップでずっと昔に手に入れたキッチンタイマーを興味本位で分解してみたら、見たこと無いパーツが入っていた。
キッチンタイマーには、設定時間を表示するための超小型の液晶文字表示装置(LCD)があるのだが、こいつと基板との接続に使われていたのはたった一枚のゴム状の板が縦向きになって挟まれているのみ。

導電性シリコンストリップ

基板とLCD間にはハンダ付けが一切無かったので、このゴム状のパーツは断面に沿って絶縁部と通電部が交互にあるようなものなのだろうと想像。
肉眼ではそんな構造は全然わからないので、マイクロスコープで断面を拡大してみたら、構造的にはやっぱりそんな感じ。このゴムの幅は1.5ミリほどなのでそれなりに微細な構造を持っているようだ。



見たこともなかったのでなんというパーツなのか気になってググってみた。
あれこれキーワードを叩いて画像検索してようやく発見。
導電性シリコーンストリップとか言うのか?? 自分が素人だから知らなかっただけなのか??
このパーツって電子部品のネットパーツショップでは全然見つからず、アリババの中国卸くらいしか出てこないんだが・・・
LCDのピン配線など、リード線でハンダ付けしたりコネクタ付けしたりするのは面倒だし、小型化を考えるとすると線も邪魔になる。このパーツを使えば縦方向で直接基板に下ろすだけなら全くハンダ付けしなくて済みそうな気もするが・・・目からうろこのパーツである。世の中すげーな。


▲top