星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< とある一日 | TOP | パンスターズ彗星やら >>

2013.03.07 Thursday

パンスターズ彗星を日本最速で見つけよう!

3月10日の近日点通過をまじかに控えたパンスターズ彗星(C/2011L4)、南半球ではしっかりテイルが出ている様子が写真などで見られる。
近日点の3月10日を過ぎて北半球でも徐々に観測できる高さになってくるのだが、実はそれより以前、条件次第では今日3月7日ごろから見られる可能性がある。
近日点を待たずにパンスターズ彗星を見つけてみるとよいかも。

下の星図はパンスターズ彗星の近日点前3月8日から一週間程度の位置をプロットさせたもの。
観測地は岡山市、時間は市民薄明が終わる約10分前の午後6時20分、薄明終了後10分ほど経過した午後6時40分の位置を同時にプロットしている。

西の空、太陽が沈んだ方向、空がどんどん暗くなり、パンスターズがその姿を見せてくれるはず。真っ暗ではないし、地平線近くなので、大気の状態にかなり左右されるため、肉眼では探しにくいはず。簡単な双眼鏡でも用意して臨んでほしい。

▼パンスターズ彗星の見え方(岡山市/18:20と18:40の西の空)
※方角高度は正確ですが、背景の星との位置関係は徐々にずれます。
パンスターズ彗星

さて、パンスターズ彗星、日没後、しばらくは太陽にへばりつくように西の空に没していく。見かけ上、黄道(こうどう)に対してほぼ垂直に移動するため、太陽からなかなか離れてくれないように見えるのだ。

パンスターズ彗星を見るためには、天気や大気の状態は言うまでもないが、とにかく時間との勝負だ。市民薄明終了がこの頃は18:30過ぎ(岡山市)、この前後できるだけ早い時間でパンスターズ彗星を見つけないと、どんどん大気の条件の悪い低空へと埋もれていく。

3月13日には細い月が近くに見えるので見つけやすいかもしれない。
▼3月13日午後6時35分/岡山市西の空


さぁ皆の衆、パンスターズ祭りの始まりじゃ!



▲top