星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 神戸行ったついでに | TOP | 恐るべきマサイ族の視力 >>

2013.01.09 Wednesday

Herschel's Ray 撮ってみたいがぁ

9月を最後に望遠鏡での直焦点ガイド撮影ができていなくて、そろそろ再起動したいところ。
先日この季節に撮りたい天体を物色していたところ、NGC2736 / Herschel's Ray(Pen­cil Neb­ula)を撮ってみたいと一瞬血迷った。

アルファベットの「A」にも似た星雲(超新星残骸)で、まるでNASAのロゴマークの中央を横たわる赤い線と形がよく似ていて、「ほ座」にある淡く巨大なガム星雲の一部とされている。

他人様の画像を勝手にパクってくるわけにはいかないので、写真のあるいくつかのリンクをいかに貼っておく。※最後のリンクのみCanonのデジカメ撮影画像。

http://www.starrycritters.com/tag/herschels-ray/

http://www.astrophoto.at/nebulae/NGC2736/NGC2736_20091121.htm

http://www.astro-pat.com/Latest/NGC2736-22-03182012.htm

ほんでこれが日本から撮れる(見られる)だろうかと考えてみたところ・・
赤緯が約-46°の天体なので、北緯35°では最高高度でもせいぜい9°程度。オメガ・ケンタウリ並みの低さだ。最高高度前後で捉えたとしてもガイド撮影は赤道義的に難しそうだ。
コンディションが激良の日に、いつかはノータッチででも岡山から捉えることができるだろうか。難しいかぁ。そうでしょうね〜


▲top