星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< ミニチュアの猫で遊び撮り | TOP | あけましておめでとうございます >>

2012.12.30 Sunday

「シェアハウスの恋人」に

徳島県塩塚高原で以前撮影したオメガ・ケンタウリの写真が、2013年1月16日スタートのテレビドラマ「シェアハウスの恋人」(日本テレビ)にて使っていただけるようです。
http://www.ntv.co.jp/sharehouse/

2012/1/14(追記:挿入)------------------------------------------------------------
写真が差し替わりそうです。M8,M20,M21のこちらの写真かな。
M20 M21 M8
-----------------------------------------------------------------------------------


おそらくチラっと出て終わりな気がしますが、写真は1月23日放送予定の第2話で登場予定とのことです。天文ガイドでも入選したものですのでまぁこれなら使っていただいてもヨシでしょうか。

▼オメガ・ケンタウリ
オメガ ケンタウリ

ついでにドラマにも出てくるケンタウルス座について場所など紹介しておきましょう。
ケンタウルス座は、日本からだと南の空とても低い位置に現れる星座です。
3月上旬であればほぼ明け方に近い深夜、ゴールデンウィークの頃だと午後10時ごろ真南に見えます。
南十字星で知られる みなみじゅうじ座 に接してはいますが、ご存知のとおり南十字は本州からは見ることはできません。下の星図でも確認できますが、ケンタウルス座の下、緑色に塗られた地平線下で場所は確認できます。
ケンタウルス座で最も明るいα星・β星も南十字と同じで本州からは見ることができません。つまり日本の大部分ではケンタウルス座の全体を見ることができないのです。



先の写真にあるオメガ(ω)・ケンタウリは、ω星団と言い、地球からはとても巨大な球状星団として見ることができます。岡山からでも最大高度は約8°程度で、これは地平線に向けて伸ばしたこぶし(拳)一つ分も高く昇らないというふうに言い換えることができます。
地球から約18000光年の距離にありますが、私達と同じ天の川銀河の天体です。
おおよそ1000万個もの星が集まっていると考えられています。
ゴールデンウィーク頃の22時30分頃、地平線近くまで澄んだ空が見られる日、暗く開けた場所にゆけば、小型の双眼鏡でもぼんやりと丸く広がる雲のような姿を見ることができるでしょう。

天体好きの人であれば、オメガ・ケンタウリの少し北にケンタウルスA(NGC5128)という天体もご存知かもしれません。電波銀河などとも呼ばれることがあるこの天体は、本州では最高高度がせいぜい十数°程度で、ω星団と同じで大気の影響をかなり受けます。
ケンタウルスAは地球から約1400万光年も離れた銀河系とは別の銀河の姿で、その特徴は中央を横断する太い暗黒帯です。電波銀河や電波天体などと呼ばれるように、中心部から非常に強力な電波源が観測されている銀河なのです。

▼ケンタウルスA 2009/03/21 撮影(岡山県)


星座にまつわるギリシャ神話はちょいと苦手なので書きませんが、ご興味のある方はまた調べてください(^^;


▲top