星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< プチ観望 | TOP | ミニチュアの猫で遊び撮り >>

2012.12.24 Monday

タムロン SP 90mm F/2.8 Di マクロ

マクロレンズはこれまで一度も使ったことがなかったのだが、先日ルーターさんがたまたま見せてくださった際に「おもしれー」と感動。あれこれ少しお勉強ののち、結局はルーターさんのものと同じものを選定する結果となった。

しばらくキタムラ中古ネットサイトなどをチェックしていたら未使用品として上がっていたターゲットのマクロレンズを見つけて即ゲット。
新品実勢価格で買うより数千円安かったが、受け取ってみたら全くの未開封品でちょっとラッキー。

▼タムロン SP 90mm F/2.8 Di マクロレンズ(272E)
タムロン マクロレンズ

とりあえずそのあたりのものを撮影してみた。
カメラはCanon EOS 5D mark


▲ノーパソのキーボード


▲納豆ではなくカプチーノ


▲蘭の花びら

マクロレンズで星撮りというのは発想的にはあるのかないのかわからないが、一応試してみた。

絞りを変えて3枚撮影。画像内ハメ枠はピクセル等倍で切り出したもの。
露出時間はいずれも10秒。ISO感度は同露出になるよう変えている。
カメラはMark3、ゴミがついてるが・・・

▼F2.8(開放F値)


▼F4.0


▼F5.6


ご覧のとおり開放F2.8では色収差が派手に出てしまった。ピントはかなり慎重に合わせたつもりだが、それでもこのあたりが精一杯な感じだった。

F4.0ではまだ色収差が目立つ。開放から2段階分のF5.6まで絞ると急にスッキリと落ち着く。
周辺像は開放から思った以上にちゃんと点像として写ってはいるがコマが少し出ている。
周辺減光も考慮すると星撮り実用はF5.6くらいは絞る必要がありそうだ。

ゴミ掃除しなきゃな。

▲top