星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ちょっと早いお月見 | TOP | よれよれ木星 >>

2012.10.05 Friday

IO-DATA LANDISK HDL-CEの使い勝手

最近ネタ無しなところなので、
アイ・オー・データのLAN接続ハードディスク HDL-CEについてちょっと書こう。

これ、自宅パソコンの主力外部記憶装置として半年以上使ってるのだが、購入前にはよく分からなかったその使い勝手についてメモ程度に書いておく。

LAN接続型外付けハードディスク、いわゆるNASも今では全く珍しいシロモノではなくなった。国内メーカで言えばアイ・オー・データとバッファローがすぐさま思い浮かぶところだが、私も購入時にはどちらのメーカーのものにしようか悩んだものだ。
半年前の更新では、PCに頼らずスケジュールバックアップができる点と、インターネット越しにファイルを閲覧・取得・登録できる機能があるものを希望して製品探しをした。

さらに、iPhoneやAndroid端末から自宅のNASにアクセスすることを考えると、携帯端末側のアプリケーションの出来の良さも気になるところ。
選定時は、アイ・オー・データの「リモートリンク2」バッファローの「WebAccess i」がそれに該当するが、アプリの評価欄を気にしてみていた記憶がある。

結局、それらの評価を見ていても一長一短あるようだし、不満コメントはどちらも多くて、どっちでもいいか〜ってなこととなり、アイ・オー・データ製のHDL-CEシリーズを購入した。

まずLANDISK HDL-CEシリーズの設定時のワナを一つ。
簡単セットアップツールでLAN環境などを自動設定してくれるツールが付属しているのだが、これの出来が今ひとつ。
特にIPアドレス関連の設定。LAN内ではつながるが、インターネットからつながらない用な場合は、デフォルトゲートウェイアドレスを確認したほうがよい。簡単セットアップツールでは、ここがデフォルトアドレスのままなのであとで自分で正しい変えなくてはならない。
当然といえばそうなのだが。

次に、購入前には分からなかった重要な仕様のワナ。
HDL-CEシリーズではバックアップやUSBメモリ転送のためのUSBポートを備えている。
スケジュールバックアップのために、このUSBポートに別の外部ハードディスクを接続してスケジュール設定すればPCレスで定期的にバックアップしてくれるという機能がある。
ところが、このバックアップ。実はバックアップ元となるHDL-CEの2倍以上の容量のHDDがバックアップ先に必要となる。このことは購入前には全く分からなかった。(付属マニュアルには書いてある)
もし、バックアップ先HDDも同じ容量のものを接続している場合、保存容量が少ないうちは問題ないが、HDL-CEの使用容量が半分を超えた段階でバックアップは最初からエラー停止して動作しない。
つまり、バックアップ先が「2世代分のバックアップ」を行える状態でないと動作しないのである。ちなみにバックアップは差分バックアップではなくて、フルバックアップなのである。
もちろんそれでもよいが、ここはユーザー設定で1世代分だけでもバックアップできるようにして欲しかった。
正直、HDL-CEが2TBのものを買っても、バックアップ先のUSB接続ハードディスクに4TBなんてちょっと・・という感じた。

携帯アプリ側だが、半年使ってみて、改めて考えると・・
ファイル形式はMP4動画、画像、音楽、PDFファイル、MS-Officeのファイルなどに限定はされるものの、まずスマホから遠隔で参照できるのはとても便利が良い。
時間はかかるが3G回線でも大きなファイルも開くし、Wifi環境ならどこでも快適だ。



ここでも難点はいくつかある。
1)時折ファイルアクセスできなくなる。(アプリ再起動でだいたい直る)
2)ファイルビュアーがとてもしょぼい。
・画像表示では画像の短辺で画面フィットしてしまうので画像全体が確認できない。
・PDFファイルはタップ単位でページ送りなどの機能がないため、区切りのよいページ送りができない。
・windows-OSで普通に書いたテキストファイルは読めない。(文字エンコードをLinuxなどで使われているUTF-8で保存しているものであれば読める)
などなど・・

とまぁ難点はあるものの、莫大な量のファイルを携帯端末に保存せずとも、いつも持ち歩けるのはとても重宝している。

最後に自宅内使用で気になっていたファイルの転送スピードだが、ギガビット接続ではほとんどストレスを感じない。USB2.0接続のハードディスクよりも快適なくらいだ。
ただ、本体内のSATA接続に比べると、大きなファイル。例えば、ステライメージで処理したFITSファイルなど、200MB〜300MBあたりのファイルになると差を感じる。

リモートアクセス製品では、2ヶ月ほど前に海外製のPogoplugも安売りしていたので買ってはいるが、まだ試せていない。おもしろそうなんだけど。


▲top