星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 岡山アストロクラブ展示会が始まりました | TOP | クラブの観望会 >>

2012.08.16 Thursday

機材全部載せとクロスフィルター

ケンコーSE300Dの頃には叶わなかった機材全部載せができるようになった。
ダウンサイジングした観望機材Sky-Watcher DOB GOTO10と、直焦点撮影セットの全機材が、後ろの荷室に綺麗に収まってくれた。車はホンダのフィットシャトル・ハイブリッド。
ドブ一式と赤道儀、FSQ、ガイド鏡、赤道儀脚、バランスウェイト10キロ、カメラ三脚2本などなどピッタンコだ。



ということで、超久しぶりの星空撮影にでかけた。岡山アストロクラブのメンバー10人ほどでの観望・撮影だ。

現場はとてもよい空。まずは全天写真を撮影。天の川ギンギンだ。


ペルセ群の残党やら、散在やら流れ星も景気よく飛んでいた。


(24mm / F2.8 / ISO-3200 / 20秒露出)
これなんかアンドロメダ銀河の串刺し流星。

実は、この日直焦点撮影で試したいものがあった。
自作のクロスフィルターをFSQに装着し、反射鏡筒のスパイダー効果を出して散開星団を撮ってみるというものだ。
ちなみに、クロスフィルターは、手芸店で売っている刺繍の枠と金属の糸で作成。
刺繍の枠は直径12センチのものだが、FSQ-85EDのフード11.5センチにほぼハマる大きさ。念のため同じく手芸店て買ったフェルトシートを内側の一部に貼っつけた。



さて、試し撮り。とりあえず望遠鏡の向いていたアンドロメダ座α星「アルフェラッツ」を撮影。
アルフェラッツ

ほほう、良い感じじゃないか(^^)

次に、散開星団は後にして、またまたお近くのアンドロメダ座ミラクに向け、ミラクの脇にある「ミラクのゴースト」と呼ばれる銀河NGC404を撮影。

Astro60D / ISO-1600 / 8min x 8
FSQ-85ED 主焦点
ミラク ゴースト

お〜 Astro60Dの内蔵フィルターのゴーストが盛大で、こっちがミラクゴーストになっとる。しかし本物のミラク・ゴーストもしっかり右上に。

さて、本番の散開星団。定番中の定番だが、ペルセウス座の二重星団を撮影してみた。

Astro60D / ISO-1600 / 8min x 5
FSQ-85ED 主焦点


あ〜短焦点でこんなん撮りたかったんだよぉ。輝星に干渉光が出てピカピカ。
これから旬を迎える秋の星空では他にも撮りたい散開星団がたくさんあるけど、またおいおいに撮影だ。

今日は、クロスを外して、通常撮影を最後に。
パックマン星雲(NGC281)でも行っとけや!って感じで軽く撮影。

Astro60d / ISO-1600 / 8min x 6
FSQ-85ED 主焦点 / 60%にトリミング


よし、次回は散開星団の量産工場と化すぞ。



▲top