星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< BackYardEOS を試す(導入・撮影編) | TOP | 流星電波観測をやってみた >>

2012.06.27 Wednesday

ずっと晴れませぬ

梅雨に入ってからは、台風4号の通過直後の夜以外ずっと星が見えません。
昨日の日中数時間はすごく良い天気でしたが、夜になると曇り、やはり星は拝めず。
今日の夕方は少し日差しが見えましたが、星見できるような空ではないです。



そうこうしているうちに新月期も過ぎ去り、またしばらく先まで星見はお預けです。
っていうか、先日室内レビューしたBackYardEOSの野外テストを行う前に試用期間が終わってしまいそう。まぁ買いますけど。

さて、このブログ、訪れる人の検索キーワードがどうも私の想定とは違うもので来られている。

一位は「Deepsky Stacker」。国内で使用例があまり無い頃に紹介したこともあってか、大した内容でもないのにこのキーワードでの訪問者が多い。当時紹介したものの、自分は画像処理には使っていない。今頃は国内紹介も増えてるようで、そちらの方にどうぞと言いたい。

二位は「光害カットフィルター」である。LPS-P2を何年か前に超簡単に紹介しているのだが、どうもその記事に食いつくらしい。こいつもきちんとレビューしたものではないので、少々申し訳ない。光害カットフィルターは画像処理に癖があるものの、私は大変重宝していて、少し光害のある方向を露出する場合は大抵常用している。FSQというFの明るい鏡筒を使っていると特に有用で、フィルター無しでは数分で露出オーバーになる空でも、15分くらいは回せるようになる。

三位は「EQ6PRO」である。ケンコーの赤道儀で自分の現役赤道儀。貧乏親父の代表赤道儀と言ってもよい。やんちゃ坊主だが安い割にはムリが効く赤道儀で、かつ観望会などでもパソコン要らずでアライメント&自動導入でき、撮影&観望となんでもこなすところが思いのほか気に入って使っている。記事紹介した時点では発売間もないこの赤道儀に手を出しているユーザーもあまりいなかったせいか、当時としてはちょいと人柱的な買い物だったかもしれない。
訪問者の関連キーワードとして、「EQ6PRO オートガイド」、「EQ6PRO 極軸調整」なども多い。

あ〜もう書くことがないのでおしまい。
全国の天文フリークさん、早く晴れるといいですね〜


▲top