星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< iPhone装着のコンバージョンレンズいろいろ | TOP | 肉眼黒点/Monster Sunsopt >>

2012.05.10 Thursday

ケンコートキナーのiPhone用太陽撮影キットほか簡単レビュー

予告していたケンコー トキナーから販売されている「iPhone(4/4S)用5倍太陽撮影キット」の簡単レビューいきます。

さ〜て、こいつ見かけはやっぱり、先日レビューしたプリンストンのiPhone用8倍望遠撮影キットとパーツは同一。ただ、拡大倍率が異なるためにレンズ本体の大きさが若干違う。
もちろん、メードインチャイナである。



この太陽撮影用レンズ、フィルターが前面にしっかり内蔵されていて、簡単には取り外しできないようになっている。

早速iPhoneで撮影を・・・
お?ピントリングでのピント合わせが超難しい。距離ゲージがあるのだが、プリンストンの望遠レンズと同じで当てにならないうえ、ピント合わせの対象が太陽以外何もない。・・顔が熱い!
こいつは手持ちというわけにも行かず、付属のミニ三脚に装着したわけだが、問題はその脚。
三脚の脚が一段階伸ばせるのだが、ロックできないためにピント合わせ中に脚の高さが変わってしまって、はっきり言って使えない代物。
おまけに脚をなんとか固定したいと思って触っていると、上記写真のようにスッポ抜け!
プラスティック製の薄い板で抜け止めしていた構造のようで、抜けた脚をうまく刺せず二度と戻せなくなってしまった(笑) ゴミだ。

さて、そんなことはキッパリあきらめて太陽撮影。


※画像縮小以外何もしていない

なんじゃこりゃ!
なんど調整しても完全な露出オーバーでしか撮れないうえ、盛大なゴーストちゃんが。
確かに、パッケージのうたい文句通り、金環日食の環っかくらいは撮影できそうだが、黒点撮影はもちろんのこと、金星の日面通過もこれでは撮影できない感じ。これもゴミか。

気を取り直して、レンズを直接覗いて太陽を見てみた。
大きな黒点が確認はできたものの、像はボケボケであまり使う気にはなれない。

こりゃ、手を出さないのが正解である! ということにしておく。

さて、ついでに先日いつもの家電量販店でゲットしていたオモチャ風3倍太陽観察オペラ「Solar Opera」(発売元:東京企画販売)もレビューしておこう。



ビッ0カメラさんで1980円で売っていたもの。
値段からしてオモチャクラスなのだが、これが思いの外はっきり見える。
太陽像は、懐かしさを感じる「緑色」だが、黒点がクッキリ見えていて、これなら6/6の金星日面通過も余裕で観察できそうな感じだった。(NASA報道によると、見た黒点は等倍でも見られるほどのモンスター級の大黒点らしいですが・・)
ピント調節機構がないので、視力矯正した状態でしか使えないが、この値段なら合格ラインだと感じた。
何も観察機材がないならおすすめするが、太陽観測フィルターを被して使えるまともな双眼鏡をお持ちなら、それを使うに越したことはない。

それにしてもiPhone用太陽撮影キットは思っていた以上にひどかったな〜

▲top