星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 太陽観望会 | TOP | 星空感フォトコンテスト >>

2012.02.17 Friday

Siriuscompバージョンアップ(比較暗合成モードほか)Rel.20120217a

比較明合成ソフトのSiriuscompをバージョンアップしました。

今回は、2012年6月6日に起きる金星の日面通過という大イベントを意識してのバージョンアップです。

バージョンアップの内容は、以下の三点です。
・静止画合成について「比較暗合成モード」を追加した
・動画のオーバーレイにこれまでのファイル名に加えて、Exifの撮影日時も表示させることにした
・比較明合成モードでの動画作成時に、特定の残像レベルでダークを引いてしまっていたバグを修正(比較明合成モードの動画ではダークを引かない方が品質が良いため)

<普通の比較明合成>

明合成では星が軌跡となっています。

<今回追加した比較暗合成>

暗合成では暗いピクセルを採用して合成するので、星が無くなります。
あるのは・・・地上風景と、ほとんど動かない北極星くらい。

最近流行のISSの太陽面通過や金星の日面通過などでは、暗い影を合成する必要があるので、今回、比較暗合成のモードを追加しました。
・・といっても、数枚程度の暗合成となれば、フォトショップでやった方がつぶしが効いていいかもしれませんが(^^;

私的にはこちらのほうが便利だと思う機能、撮影日時の動画への刻印です。
撮影日・撮影時刻は画像のExif情報から持ってくるので、記録映像にはもってこいです。

<動画への撮影日時のオーバーレイ>

こんな感じで左上に刻印されます。
流星撮影や日面通過などの記録映像に利用する場合は、撮影前にカメラの日時設定をきちんと確認しておきましょう。

ということで、最新版Siriuscompは右側バナーの配布ページにて入手できます。

▲top