星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< なんとなくEOS7D | TOP | デジタル一眼動画で木星・月 >>

2011.12.06 Tuesday

星ナビ(2012 1月号)入選・掲載と美星天文台カレンダー(2012年版)採用

比較明合成の星景では、星ナビさんで2度目となる入選をさせてもらいました。
自分は撮り鉄ではないんですが、赤い車両と月夜の青みがかった星空とのコントラストを狙って撮りに行ったものです。途中で薄雲が来たためコマ数が少なめのカットとなり、日周の迫力が十分でなかったのが今ひとつだったのですが、採用していただいてよかったです。

ところで、左上の万歳!オーロラの写真。これも同じ岡山アストロクラブ所属の方の投稿です。初投稿・初入選され、オーロラ旅行のよい記念になったことでしょう(^^)
旅立つ前に、しっかり星空撮影の練習をされてたので、本番もバッチリだったようです。



さて、星ナビさんには、今回「ネットよ今夜もありがとう」のコーナーでこのブログを紹介していただけました。西明石天文同好会で撮影などご一緒させていただいてる方からのリレーで紹介いただけました。ありがとうございました。 m(__)m



最後に、岡山県井原市美星天文台さんが毎年発行されている一枚物のカレンダーにも、2011年遠近の満月の写真を採用いただけました。
美星天文台さんの2012年版カレンダー販売ページはこちらです。

たまには美星天文台さんのことを宣伝しておきますと、こちらには口径101センチ望遠鏡があります。これはこの記事の投稿時点で、公開天文台として国内第8位の口径です。
さらにはこの天文台、操作資格を取得することで、一晩観測施設を貸し切ることが出来るという素晴らしい天文台です。撮像のための機器や分光装置などもあり、遠方の方からも利用されているようです。簡易宿泊施設もあります。
美星天文台のお隣にはスペースデブリや近傍小惑星の探索を行っている美星スペースガードセンターもあります。

私たちがたまに利用する「井原市星空公園」も美星天文台の近くにあり、管理も美星天文台さんがされています。こちらは口径60センチの望遠鏡が備えられた観測ドームを、操作講習さえ受ければ、一晩5000円で貸し切ることが出来ます。別棟の宿泊場所、休憩場所、会議室、お風呂なども格安で利用できるため、仲間内での気軽な観望メインならこちらの施設の方がよいように思います。


▲top