星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< M78/Sh2-276/LDN1622 や 冬のダイヤモンドなど | TOP | AstroMaskerバージョンアップ Rel.20111130a >>

2011.11.26 Saturday

カシオペア座の散開星団ほか

南から上がってくる雲を少しでも避けようと、この日那岐山麓道の駅まで北上して撮影。
0時過ぎまでなんとか空も持ってくれた。
せっかくの空だったのに、派手なモノを一つも撮ってなかった(^^;

<カシオペア座の散開星団>
ほぼ撤収まえの1時間にわたり、カシオペア座の散開星団を乱撮り。一枚物にレイアウトしてみた。
1枚4分露出で11エリア撮影し、22個の散開星団をピックアップ。大きさが分かるように平均視直径の満月を参考に入れている。
写真で撮ったモノと眼視との印象は異なると思うけど、一緒に出かけたT#さんオススメのNGC663やNGC7789は微細で立派な印象が伝わってくる。
写真写り的にはNGC457なんてのもなかなかいい感じかな。



一回り大きいサイズの画像(1676px x 1540px: 555KB)はこちら

<NGC7023 あやめ星雲ワイドフィールド>
このアイリス星雲、やっぱりいい加減な感じでは周りの黒いモヤモヤを綺麗に描出するのは難しいな〜

Takahashi FSQ-85ED x 0.73 reducer
Astro50D / ISO-800 / 8min x 16



<NGC147 & NGC185>
カシオペア座にある銀河。見かけ上はそこそこ離れてるのにM31アンドロメダ銀河の伴銀河らしい。
Takahashi FSQ-85ED x 0.73 reducer
Astro50D / ISO-800 / 8min x 5



ちなみにM31との位置関係はこんな感じ。



<M31とM33>
最後は、そのアンドロメダ銀河M31とM33銀河。
アンドロメダ座β(ミラク)を挟んで対象に位置している感じをカメラレンズで撮ってみた。
Canon EOS50D / ISO-1000 / 5min x 8 RAW
Canon EF28-70 2.8L / f2.8 / 70mm
CD-1で追尾




▲top