星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 中野繁氏著「四季の天体観測」(昭和40年初版) | TOP | Qcam Fusion を惑星用WEBカメラにしてみた >>

2011.11.22 Tuesday

比較明合成三連とライトアップ器具

11/21は久しぶりに良い空。ちょいと星景撮影をした。

<テレビ塔とイリジウムフラッシュ>
イリジウムフラッシュを写したいがために露出を長めにとったため、テレビ塔のライトアップが白飛びしちゃって、こりゃダメですねぇ。

Canon EF 28-70mm 2.8L : 28mm,  f/5.6
EOS50D ISO-200 6sec x 206枚 SiriusCompで比較明合成



日本三大稲荷・・といっても全国にはたくさんあるようだが、とにかくその一つの岡山市北区にある最上稲荷妙教寺にて。
巡回警備のおじさんがしょっちゅう通るので、懐中電灯がウヨウヨと(^^;

Tokina 124 Pro DX2 : 12mm,  f/5.6
EOS50D ISO-400 10sec x 282枚 SiriusCompで比較明合成



最後は、総社市にある井山宝福寺。
雪舟が涙で鼠の絵を描いたという話で知られる仏堂と、散り気味の紅葉。

Tokina 124 Pro DX2 : 12mm,  f/5.6
EOS50D ISO-400 20sec x 105枚 SiriusCompで比較明合成



で、この写真のライトアップ・・・同行者の方が「いつもそんなもの準備されてるのですか?」って・・・ほとんど持っては行かないが、この稼働率が極端に低いお手軽ライトアップ装置に少し感心してくれてたので紹介。
ってか、紹介するのが恥ずかしいような汚い作りなんですよね。

オートバックスやなんかで売ってる12VのLEDルームランプに電池ボックス、スイッチを付けて、ダイソーで売ってるホビーディスプレイ用のプラケースにいれただけの代物。
セロハンテープでLEDを内側から貼り付けているのが、これまた汚らしい(笑)



比較明合成時は、別に全部の撮影フレームに光を当てなくて良いので、普通は途中で切っちゃいますが、配置によっては付けっぱなしにすることも。
既に数時間は点灯させているんだけど、電池はまだ一度も交換したことないので、どれくらい持つのかはよく分かりません(^^;


▲top