星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< もうすぐ皆既月食 | TOP | 比較明合成三連とライトアップ器具 >>

2011.11.20 Sunday

中野繁氏著「四季の天体観測」(昭和40年初版)

今日買った古い書籍の紹介。

中野繁氏著 誠文堂新光社発行の「肉眼 双眼鏡 小望遠鏡で 四季の天体観測」(昭和40年初版)

今日たまたま立ち寄った古本屋で見つけたので購入(400円)、購入したのは昭和41年に刷られた第2版。それでも45年以上前のもの。

中野繁氏の名前だけ見て中身の確認はそこそそに買ってしまったが、期待どおりなかなかよい本です。
双眼鏡、5センチ、8センチ、10センチ程度までの小望遠鏡で観ることのできる天体を中心に口径別の見え方を交えて紹介されてます。

紹介天体はさほど多くはないものの、各月ごと、見頃の星座に分けて、たいへんわかり易いうえ、中野氏の書籍の特色である重星の見え方はしっかり書かれています。

なにぶん古い本ですが、大事にしたくなる一冊になりそうです。



▲top