星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< 木星と月(神酒の海) | TOP | ぐるぐるジュピター >>

2011.11.16 Wednesday

SiriusCompバージョンアップ Rel.20111116a

SiriusCompをバージョンアップしました。(Rel.20111116a)

バージョンアップの概要は次のとおりです
・UFRaw連携にてRaw Photoフォーマットを現像させながら読み込みできるようにした
・読み込み画像形式にTIFF形式を追加
・保存画像形式に従来のJPEG形式に加え無圧縮TIFF形式を追加
・JPEG保存品質のユーザー設定を廃止し、保存品質100%固定で保存するよう変更
・画像サイズの異なる合成処理のチェック強化
・動作メモリの多少の軽減、その他細かな見直し

なんとなくご要望のありそうなTIFF形式(無圧縮 各カラーチャンネル8bit)の保存ができるようにしたのと、とりあえず比較明合成写真もRawで撮ることがお好みな方向けに外部プログラムでフリーソフトのUFRawとの現像連携をさせるようにしました。
とはいえ、普段からRaw Photoで撮影するくらいの方は、専用ツールなどで一度ご自分の好みでカラー現像され、TIFFでアウトしておく方が多いと思いますので、実はこの機能、付けてはみたもの処理に時間ばかりかかるため、あまり役に立たないかも知れませんね。
とりあえず、今回はRawでも読込処理できるようになったということは言えますが、一番やりたかったRAWレベルのダーク減算がUFRawの不具合により機能盛り込みするのをやめちゃったんで、あまり品質向上には資していない気がします。現状では同時に改修したTIFF形式でのIN-OUTができるほうがありがたいかもしれませんね。所詮色深度8ビットですけど劣化無しということで。

そうそう、最終OUTをTIFFにするとEXIFの複写がほぼ吹っ飛んじゃいます。JPEGとはEXIFメタ情報の各保有コード(ID)かなんかが違うのかもしれません。今回はそこらの調べや動作確認に思いの外時間が取られてしまいましたが、結果はさほど改善できないままリリースしちゃいます。
どうしてもできそうにない場合は、次回バージョンアップあたりで、EXIF情報をメモ的にテキストファイルに書き出すという安易な手段も考えます(^^;



最新版SiriusCompのダウンロードは右側のバナーから専用ページに飛んでくださいまし。

▲top