星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< windows7の解決策確認 | TOP | ガンバレ東北、ガンバレ日本 >>

2011.03.06 Sunday

井原市星空公園で撮影してみた

3/4〜3/5にかけての夜、今回初めて井原市星空公園の施設(第2観測棟)をお借りして撮影目的で行ってみた。

<星空公園第2観測棟> ※東〜南東向き眺望


星空公園は、駐車場までは夜間でも自由に入れます。
駐車場脇には東屋があり、その辺りからは東や南に開けた眺望が楽しめます。
これらの方向は、総社、倉敷、水島工業地帯、福山方面の街明かりが空の低い場所を覆っていますが、夜明け前には夏の天の川もなんとか見えていました。

<第2観測棟ドーム内>


ドームは直径7メートル、物があまりないので結構広々としています。
ドームは電動で開閉・回転できますが、望遠鏡と同期していないので手動で回転させることになります。
鏡筒は、法月の60センチカセグレン式反射望遠鏡です。サイドにSHOWAの15センチ屈折(これがよく見える!)、8センチ程度のファンダーが使える状態で装備されています。
60センチですが、焦点距離が9420mm(F=15.7)です。
今回は撮影のため、持ち込んだx0.8レデューサーを装着して合成焦点距離7536mm(F=12.56)でのチャレンジです。

ただ残念ながら、赤道機制御装置のE-Zeusにガイドポートが無いため、オートガイドを入れることができませんでした。
コントローラ自体にはガイドできるほどの微動ボタンがあるので、気合いがあればマニュアルガイドは可能です。・・・この日はそこまで気乗りがしませんでした。

ということで、ガイドなし、ほとんど捨てコマ覚悟で比較的明るい天体の撮影を開始しました。最後の方につれて画像がしんどくなります(笑)

<ふたご座カストル>
Astro50D  ISO-100  1/40sec トリミングなし


<土星>
ISO-200 1/15sec 3コマコンポジット 40%にトリミング


<NGC2392 エスキモー星雲>
ISO-800 1min 6コマコンポジット 95%にトリミング


<NGC2419 銀河間の放浪者>
ISO-1600 2min 9コマコンポジット 85%にトリミング


<NGC4361 からす座の惑星状星雲>
ISO-1600 2min 4コマコンポジット トリミングなし


オートガイドが入れられれば相当使えそうな施設なだけに、やはり残念!
でも眼視での観望会にはとっても使えそうな施設であることは確かです。

リンク:井原市星空公園

▲top