星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< PCG29488ほか | TOP | GalaxyTABで星空アプリ >>

2011.02.10 Thursday

井原市(美星)星空公園

旧美星町、美星天文台近くにある井原市星空公園に行ってきました。
目的は、ここの施設の利用資格を頂くため。
この施設、今年から美星天文台さんの運用にて、旧美星水路観測所の施設を一般向けに公開され、月に一度は無料観望会も開催されています。
利用資格を頂けば、一晩中お借りすることができるようになります。



星空公園の天文台施設は、標高500メートルを超える山頂にあり、見晴らしがとてもよい場所にあります。
直径7メートルのドームに口径60センチのカセグレン式の鏡筒が据え付けられています。
導入などはE-ZEUS経由でSuperSTAR垢砲茲蟾圓い泙垢里如普段使っている星図ソフト感覚で扱うことが出来ます。
美星天文台の101センチの操作に比べても、鏡筒を動かすときにいくつか気を払えば、起動と後片付けの手順はとても簡単でした。

ドーム内は広々として観望会であれば20人〜30人くらいは普通に入りそうです。
ドームの前室には長机が置かれた大きな部屋もあり、ここでも10数人くらいが着席して利用することができます。

美星天文台(101センチ)の場合、貸し切り料金は人数によって変化(上限あり)するためにちょっと一般向け観望会には使いづらいと思っていたところでしたが、こちらの施設の場合は5000円固定なので、観望会など人数を呼んで行うイベントでも安心して利用できそうです。
利用資格を正式にいただければ、とりあえず仲間内で観望会をやってみたいと思わせる施設でした。

▼リンク:井原市星空公園のページ

▲top