星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ケンブルズ・カスケード/ラッキー7 | TOP | レグルス脇の銀河 >>

2011.02.03 Thursday

バラ星雲(NGC2237)

いっかくじゅう座のバラ星雲を撮影。
帰って気がついたのだけど、ちょうど一年間の同じ日に同じ場所で撮影していた。
ちょっと光害地なので、そん時もHαフィルターかぶせて撮ってました(^^)
今回もHαフィルターで撮影したフレームをL画像に、色出しにLPS-P2フィルターで撮影した通常フレームを使ってLRGB合成。

これはこれでおもしろいけど、暗い夜空で普通に撮影した方が派手さがあって好みかな。

FSQ-85ED x 0.73reducer / Astro50D ISO-800
L(Hα)15minx6 / RGB 7minx3 / LRGB合成



------------以下2月4日追加更新

昨日のバラを再処理。
LRGB合成前のRGB画像のRにHαフレームを30%加重平均で合成。
そのままでは輝度の低い一部の恒星が赤っぽくなっちまうので、LRGB合成後の画像をRGB分解し、Rのみミニマムフィルターを軽くかけ再合成。さらに、微恒星が緑っぽくなったやつもいたので恒星マスクを反転適用して恒星のみカラーバランス調整。ついでに気持ち背景締めてみました。もうちょっとなんかやったかな(忘
なんでこんなに手間がかかるのか(笑)

WBSのなすはち様にそろそろ比較明合成によるアシスト手法をご教授いただかねば〜
なんでいつもあんな綺麗にできるんだろな〜(^^;
とりあえず光害地Hαではなく、RGB画像をまともな空でしっかり撮る必要はあるんでしょうけど。




▲top