星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 新年のごあいさつ | TOP | FSQ-85EDにてエクステンダー装着撮像 >>

2011.01.05 Wednesday

星夜・星景写真グッズをプチ軍拡

この冬、星夜・星景写真のお供を機材増強しました。
まずは、カメラ三脚。マウント部分は以前からの使い回し(SILK SH-807 耐荷重5kg)で、脚だけ新調。といっても壊れちゃったのでしょうがない出費。
カーボンなど高くてもったいないのでアルミ製だけど、良くできてそうなやつを購入。
マンフロットの055XPROBとかいうやつで、重さ2.4kg耐荷重7kgとなっとります。
ほぼいっぱいに伸ばすと自分の背丈より高くなりますが・・・使わないわなぁ。



脚は4段階で広げられ、ピラー横出しも簡単にできます。
いっぱいに広げるとこんなアクロバティックな体勢もとれそうです・・・・使わないわなぁ。



一番使うスタイルをセットアップ。
CD-1スタイルです。SILK3軸雲台の上にタカハシの30度V字金具を介してCD-1、そして自由雲台・・・V字金具はあってもなくてもこの際どうでもよい気がします。



さてさて、次はやっと手に入れたカメラレンズ用の夜露防止ヒーターです。
今までどうしてたん?って・・・曇ったらやめてましたけど、なにか?(笑)



正規入手先はこちらになりますが、ここのタイプ5エネループ仕様というニュータイプです。
このたびは観望現場にて直売していただきました。>その節は山奥までお付き合いくださった上大変お世話になりました。

このエネループ仕様なのですが、アルカリ乾電池でも、12V直結でも全然問題なく機能します。熱を発する部分(写真では黒い帯)と伸縮性のある保温&巻き付け用の部分(写真では赤い帯)の二重構造になっていてよくできてます。



目玉の少々大きなレンズでも、フードの上から巻き付けられます。写真は、私がよく使うレンズでTokina 124Pro DX2です。これで巻き付けがピッタリくらいでしょうか。



少しムリすれば、EF 70-200 2.8Lのフードの上からでもいけます。ただ、こいつに使うとすれば赤い帯があと2センチ長ければ楽に巻き付けできそうです。

ともあれ、星夜・星景グッズは完璧になったわけです。
あと足らないものがあるとすれば・・・やっぱりセンスでしょうか(笑)


▲top