星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Delphi 7 のVISTAへのインストールメモ | TOP | CANP'10申し込み受付開始 >>

2010.04.21 Wednesday

人工衛星の出現位置を表示してくれるiPhoneアプリ「ToriSat」

iPhoneアプリで遊べそうなアプリを見つけたのでレポート。
ISSやその他の人工衛星や探査機の出現位置を、実際のカメラ画像に重ねて表示してくれるアプリ「ToriSat」っちゅうのがおもしろそうで試してみた。(有料アプリ350円)

iPhone(3GS)で起動すると、カメラからのライブ画像が写り、そこに設定で指定した人工衛星の軌道(見え始めから見終わりまで)が表示されるという代物。

さっそく、その辺で試してみると・・「お〜カメラ画面にISSの軌道が!」



この軌道はどうやら直近で見ることのできる軌道を表示していて、画面右上にある「日時」現在でどのように見えるかを表しているようだ。これが最初わからなかった(^^;
んで、いろいろカメラを向けてみると、恒星や星雲なども「その日時」の状態で表示される。・・今現在の天体や探査機などを画像に重ねてみるには右上の「SIM/LIVE」のボタンでLIVEに切り替えればOK。



他の方向を向けて見ると・・選択中の衛星軌道の方向を大きな矢印で表示してくれる。
下部のボタンでMAPの画面を見てみると・・


ほほう。
次に、カレンダーを見てみると。


う〜ん。見えそうな日時の一覧が出る。見やすいものは星印がゴールドに。
Settingはどうだ?


ここで、表示させる人工衛星を切り替えたりできるわけ。
ISS以外にNOAAなどもあるから、以前紹介したNOAAからの気象衛星画像取得の際にも使えそうだね。
スクロールさせると・・


表示させたいものの設定ができるわけだ。
んで、さっきの一覧の情報が合ってるかJAXAのページでチェックしてみると・・


うん。合ってる合ってる。
フィールドに出てるときに遊べそう(^^)


▲top