星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 球状星団まとめ撮り | TOP | SSAG放熱改造の検証 >>

2010.04.15 Thursday

StarShoot Autoguiderの放熱改造

改造というほどのことでもないが、電気パーツ店でジャンクの放熱板(105円)があったので、オートガイダー(Orion StarShoot Autoguider)のむき出しになっているCCDチップの背面に取り付けてみた。
普段、F4の鏡筒でガイドするときはガイド星が見つからないということは皆無なのだが、小型のF8(F4  x2 Ballow)ガイド鏡では、時に苦しいことがあり、3軸の支持脚でちょこっとガイド星を入れなきゃならないことがあった。
そんなこんなで効果があるかどうかは不明だが、MEADEのDSIのように背面に放熱板を取り付けたらちょっとはマシかとも思っていたのでやってみた次第。



丸い基板のど真ん中に四角いチップが見えているのがCCDチップ。
そこに接着できる放熱用シリコーンを埋め、CPUとCPUファンの間に挟み込む熱伝導シートを四枚に切って重ね、その上から放熱板をシリコーンで接着しただけ。



今回はこれで完成としたけど、思い切って外気に触れさせるためにケースの「ORION」と書いてあるあたりにドリルで穴あけしたほうがより効果がありそう・・・
とりあえずこれで試してみて、効果が感じられなければやろうかな。


▲top