星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 部分日食(日没帯食) | TOP | カメラレンズで気軽な撮影 >>

2010.01.16 Saturday

NGC2403リベンジするも完敗

この日は所属クラブの観望会。
その横でひっそりと数日前に撮影したNGC2403の再挑戦をした。
前回は風にたたられた結果、10分露出をたった3枚で仕上げたが、どうにも我慢ならずリベンジ。
今回は、Hαフィルターによるフレームも撮影して銀河内の散光星雲を強調したかった。
撮影は、デジカメ通常の撮影を2時間(15分×8)とHαを1時間(15分×4)で行った。
しかし・・・なんたることか処理して仕上げると、銀河の淡い部分の表現が前回の30分画像にも劣る状態(i_i) ハイライト側を控えめな処理にしたのは確かだがちょっとね〜
とりあえずRチャンネルにHαをうまくかぶせて散光星雲は前回よりいい感じだが、銀河全体がこれでは、再び納得いきませぬ。

理由は、撮影場所が前回とは異なり、暗さが十分な空でなかったという点につきまする・・・完敗です(T_T)

とりあえずまだ納得のいかぬNGC2403です。

▼Hαも合成した今回のNGC2403(15分×8)
撮影機材は前回と同じCanon EOS50D(フィルター換装、冷却改造品)とSE250N。


▼ちなみに前回撮影したNGC2403(10分×3):再掲載
こうして比べると彩度を上げまくったのがバレバレ(^^;


もう今シーズンはこいつはやめ!
また秋になるのを待って挑戦かな。


▲top