星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 一枚ダークを使ってコンポジットの効果を検証 | TOP | NGC・IC天体写真総カタログ >>

2009.09.01 Tuesday

デジイチで木星

あまり惑星の写真は撮影しないが、これまで、WEBCAM(LPI)では土星や木星は撮影したことはある。
LPIとその付属ソフトでは、動画からQuality指定して良いフレームだけをリアルタイムにコンポジットしてくれていたので、手間だとは感じたことはなかったが、いつもシャープすぎる画像になり、色合いなどもどうもナチュラルさに欠けていた。

久しぶりに、木星でも撮影してみようと思ったのだが、望遠鏡+デジタル一眼での拡大撮影に初挑戦してみた。

400枚ほどの撮影を5秒ほどのインターバルで自動撮影させたまではよいが、よくよく考えてみると木星の自転は速いので、せいぜい10分程度以内の画像を使うらしい(^^;
そこで100枚だけをステライメージに放り込んで天体重心でバッチコンポジットさせてみた。

ステライメージの各画像の評価値計算だけでも、どえらい時間がかかる。
さて、できあがりはというと画像のとおり、シンチュレーションが悪かったのは分かっていたが、う〜んこんなもんかい?って感じ。
もちろんこれでも画像復元や色調補正、多少の非シャープマスクはかけて後処理はしている。

またいずれ気が向いたら、今度はデジタルビデオでもつないで動画でやってみようかな〜

ケンコーSE250N+LV15mm / EOS50D(ノーマル)にて撮影



▲top