星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 網状星雲西側や亜鈴状星雲など | TOP | Canon EF85mm F1.2L USM レンズで初撮り >>

2009.08.17 Monday

らせん星雲とM8あたり

Zenithstar66sdにオフアキ(Celestron Radial Guider)をかましてガイドした。カメラの撮像に影響のない不用な周辺像の一部を使って、そこにある星像でガイドするわけだが、主鏡筒の焦点距離が短いこともあって、SSAGで簡単に星像をキャッチすることができた。
Radial Guiderは、決して高価なオフアキではないが、カメラの角度を変えることなく周辺に沿って100度程度稼働する回転装置がついてるので、これも一役助かりする。

<M8,M20あたり>
Astro50D / ISO-1600 10min x 6



<らせん星雲:NGC7293>
太陽系に最も近い惑星状星雲の一つで距離は約700光年とされている。低空のためか空の状態が良くなったからか、案外写りの悪い感じになってしまっている。

Astro50D / iso-1600 10min x 2

▲top