星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< M27とNGC7331 | TOP | C8でアルビレオ >>

2009.07.22 Wednesday

日食

今日は、皆既日食が日本で見られるということで、テレビなどでも大賑わいでしたが、全国的に曇りや雨のところが多いようでしたね。
私は残念ながら皆既帯への旅行は叶いませんでしたが、自宅で一応最大食頃を狙って撮影を試みました。

太陽観測用減光フィルターもほとんど必要ない自然フィルター(雲)で撮影しました。フィルターを付けていると返って露出時間が長くなりすぎてイヤ〜な感じだったので、基本的にフィルターを外し高速シャッターで撮影していました。

雲の状態も一様ではなく、厚くなったり薄くなったりと太陽の明るさが刻々と変化するので、シャッター速度を制御するのが忙しかったです。

機材は、カメラ三脚にアイベルCD-1を取り付け、ZenithStar66SD APOとEOS40Dです。

極軸合わせは、三脚(ヘッドは3軸仕様)の水平をとり、携帯の電子コンパスでCD-1が真北を向くように調整、その後、子供が学校で使う分度器(糸におもりを付け分度器中央から垂らした物に工作)を糸が0度を指すように三脚に貼り付け、その後、糸が自宅の緯度を示すように三脚の南北軸を合わせました。
こんないい加減な軸合わせでも、撮影している1時間ほどの間、全くノータッチで太陽を写野のほぼ中央に置いておくことができました。

<撮影機材と部分日食>
日食2

で、肝心の日食はというと、雲天の中で撮影できただけマシという感じでしょうか。

<最大食あたり>
ISO-100 1/5000sec
日食1

生きてる間に皆既日食をナマで見てみたいものです。

▲top