星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< オフアキ化SE250Nその後 | TOP | StarShoot AutoGuider (SSAG) >>

2009.03.22 Sunday

ケンタウルス座の有名どころ

日本では南の空低くその姿の一部を見せるケンタウルス座、その中に全天で最も大きく明るい球状星団が NGC5139 オメガ・ケンタウリがあります。
北緯35°あたりでの南中高度は7度程度であるので、南が暗くかつ開けていれば十分狙える天体です。

オメガ・ケンタウリ

2009/03/21
MEADE SN8 + Paracorr
EOS40D(IDAS改造)ISO-1600 / 90sec x 4
岡山県備前市吉永町八塔寺にて



同じくケンタウルス座でもう一つ有名な天体であるケンタウルスA(NGC5128銀河)です。
オメガ星団より南中高度は高いのですが、それでも撮影地では12度程度であるため、光害や大気によるネガティブな影響が大きく、美しい感じでは捉えられませんでした。

ケンタウルスA
MEADE SN8 + Paracorr
EOS40D(IDAS改造)ISO-800 / 300sec x 4
岡山県備前市吉永町八塔寺にて


▲top