星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< CCD / CMOS イメージセンサー クリーニングキット | TOP | 星見チェアー >>

2008.10.25 Saturday

タイマーリモートコントローラーの改造

天体写真撮影に使っている2台のCANON製デジタル一眼レフ「初代EOS Kiss Digital」と「EOS 40D」のリモートコントローラは接続端子が全く異なる形状になっている。

最近天体写真を撮影する際は、ほとんどPCからのリモート撮影なので、実際にリモートコントローラを使うことはほとんど無いが、赤外カットフィルターを除去したキスデジでは、付属のPCリモート制御ソフトではバルブ撮影には対応していないために天体写真には実際使えない。そこで、リモートコード「RS60-E3」を使うわけだが、レリーズ機能しかないためキッチンタイマーなどでいちいち時間を気にしてはシャッターを手動で制御する必要があった。

▼リモートコードRS60-E3
キャノンリモートコードRS60-E3

そこで、40D用に買ったタイマーリモートコントローラーが使えないかと思い、二つのコントローラを合体させることにした。
タイマーリモートコントローラ「TC-80N3」は、単純なレリーズ機能のほか、時間指定でのバルブ撮影、インターバル設定、連続撮影枚数設定などが可能で、この機能がキスデジに使えたらすごく便利になるわけだ。
たまにヤフオクとか天文関係のネットショップなんかで見かける状態にしたいわけだ。

▼タイマーリモートコントローラ TC-80N3
キャノンタイマーリモートコントローラ

まずは、RS60-E3を分解して結線を確認。赤・白・アースっぽい3本が接続されている。

キャノンリモートコードRS60-E3内部


つぎに、TC-80N3を分解して結線を確認。こちらも結線の本数・種類は同じようだ。

CANONタイマーリモートコントローラTC-80N3の内部

RS60-E3の結線(3本)を取り外し、TC-80N3に実際に仮接続し、動作チェックで極性を確認したところ、RS60-E3の配線をTC-80N3とは赤と白を逆に接続すれば動作することを確認したので、そのままハンダ付けして下の写真のようになった。アースコードもハンダ付けし、3本を接続。
どうでもいいが、CANONがプリンタで敵対するEPSONのチップを使っているところがどことなく笑える。

CANONタイマーリモートコントローラTC-80N3に半田付け

つぎに、ドリルでRS60-E3のコードだけを取り出せるようにTC-80N3に穴開けしてコード二本出し。

CANONタイマーリモートコントローラTC-80N3に穴開け

あとはふたを閉めてネジ3本打ったら完成。
実際にキスデジにも40Dにもつないで動作確認。
当たり前といえば当たり前だが、おもしろいことに、2台同時に撮影出来ちゃうからステレオ撮影にも使える?

CANONタイマーリモートコントローラTC-80N3の改造後

アホみたいに簡単な改造だから同じ境遇の方にはお薦めしますよ。

▲top