星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.03.01 Wednesday

小惑星への命名「kagura」(神楽)

2015年12月に発表された国際天文学連合(IAU)の系外惑星命名キャンペーンの結果にて、おおぐま座HD81688(やまねこ座41番星)系への名称提案が採用された岡山アストロクラブ。

主星に Intercrus(インテルクルース)、その惑星に Arkas(アルカス)の提案名が命名されたのですが、その副賞として小惑星めいの命名権が与えられました。

 

クラブ内で提案名を募り、神楽 kagura を申請していたのですが、ようやくIAUから正式命名として発表されました。

 

IAU発表記事

https://www.iau.org/news/pressreleases/detail/iau1701/

 

光度が17等台〜22等程度ですので、肉眼での観望は難しいですね。

 

※画像はIAUより


2016.07.15 Friday

BOUNDS - IchigoJam BASIC 作例-1

IchigoJam BASIC による作例 01 「BOUNDS」 です。

 

 

細かな説明はしませんが、このプログラムの概要は次のとおり。

 

1)枠の描画(VIDEO出力のON-OFFにて高速化)

2)二つの玉がランダムな位置に出現

3)枠内をバウンドしながら動く

4)当たり判定して、二つの玉がぶつかったら 2)へ

※最上部にCORとして、ぶつかったカウントを表示

 

▼ソース

10 'BOUNDS
20 CLS : LOCATE 0,0
30 PRINT "<< BOUNDS >>"
40 GORUB 210 : C=0
50 X=RND(20)+4 : Y=RND(14)+4
60 A=RND(20)+4 : B=RND(14)+4
70 M=1 : N=1
80 0=-1 : P=-1
90 LOCATE X,Y : PRINT "*"
100 LOCATE A,B : PRINT "*"
110 IF X=1 OR X=30 M=-M : BEEP 10,2
120 IF A=1 OR A=30 O=-O : BEEP 10,2
130 IF Y=2 OR Y=20 N=-N : BEEP 5,2
140 IF B=2 OR B=20 P=-P : BEEP 5,2
150 IF ((X-A)*(X-A))<2 AND ((Y-B)*(Y-B))<2 GOTO 360
160 LOCATE X,Y : PRINT " "
170 LOCATE A,B : PRINT " "
180 X=X+M : Y=Y+N
190 A=A+O : B=B+P
200 GOTO 90
210 REM ---- SUB WINDOW
220 VIDEO 0
230 FOR X=0 TO 31
240 FOR Y=1 TO 21
250 LOCATE X,Y : PRINT "*"
260 NEXT : NEXT
270 FOR X=1 TO 30
280 FOR Y=2 TO 20
290 LOCATE X,Y : PRINT " "
300 NEXT : NEXT
310 VIDEO 1 : WAIT 60
320 RETURN
330 LOCATE X,Y : ?"X"
340 LOCATE A,B : ?"X"
350 C=C+1
360 LOCATE 18,0 : ?"COR:";C
370 BEEP 100,100 : WAIT 120
380 LOCATE X,Y : ?" "
390 LOCATE A,B : ?" "
400 GOTO 50


2016.07.12 Tuesday

ichigoJam

BASICで遊べるIchigoJamを遊んでみた。

小さなボードに収まった結構遊べそうなボードである。

Apple-BASICやN-BASICなどで初めて触れたプログラミングの世界を体験した人には懐かしいはず。

自分で半田付けするパーツキットで1500円、完成品で2000円という価格もうれしい。

 

IchigoJAM BASIC は先のBASICより遙かにコマンドが少ない上、1プログラムの記憶(保存)容量が1024Byteという制約の中でいかに無駄のないアルゴリズムで遊ぶかという点が逆におもしろいボードだ。

 

ボードに、別途用意した、キーボード、ビデオコードでTVに接続、USB-5Vによる給電を行うだけで使える。

キーボードはPS2端子だが、USB変換を入れても大丈夫。

 

IchigoJam BASIC のコマンドリファレンスはB5版の両面一枚のみ。4ポイントくらいじゃないかと思うほどの小さな文字で書かれているので老眼持ちの私には虫眼鏡がいるレベルだ(笑)

 

ichigojam01

 

 

BASICで遊ぶことを目的とするなら大して書くことはないが、電子工作に結びつけて遊べばかなり活用の道がありそう。
ボードの価格からすると、私はそちらのほうに価値を感じる。
百円程度からあるPICマイコンでデジタル回路を組んで作るようなものでも、PICライターや環境の整備などの準備を考えると、ライターなしで、それも単純なBASICで同じような回路組みができそうなIchigoJamは興味がわくところ。
1024byteのプログラム3本がボードで保存できるが、一本(0番保存)のプログラムは、基板上のPUSHボタンを押しながら、電源用のスライドスイッチを入れることで、オードロード&ランできるので、直結加工すれば、キーボードやモニタなし状態で固定プログラムによる利用も可能だ。
ichigojam02


メインのチップには入力4、出力6のピンが未使用の状態であり、各ピンの入出力はBASICにて可能だ。

入力ピンの一部はアナログ入力にも対応しているピンがあるようだが、まだ実際に試していないので今はとどめておく。

デジタル出力PINは20mAの通常のLEDなら点灯できる電流を流せるようで、このあたりもPICと変わらないようだ。

 

なにせ、簡単にBASICを遊べて、ライターなしでデジタル制御回路にも使えるボードの可能性は、少しうきうきする。

次回は、既にBASICで組んだ簡単なお遊びプログラムを紹介する・・予定。

 


2016.04.05 Tuesday

京都 伏見稲荷大社

娘が東京へお引越し、その道中、夜の伏見稲荷に立ち寄った。
深夜だったせいか桜の時期にもかかわらず観光客はほぼ皆無。


 

 

2015.12.15 Tuesday

太陽系外命名 主星Intercrus 惑星Arkas

国際天文学連合(IAU)の太陽系外惑星命名キャンペーンにて、岡山アストロクラブから候補提案していた名前が、おおぐま座のHD81688系に正式に採用されることになりました。

12月15日IAUサイトで発表され、公募20対象の系から、無効となった1対象を除く19の系の惑星やその主星に命名されます。
世界中から候補提案、総数50万を超える一般投票があり、日本からは19対象のうち4対象にも名前が付くことになりました。
日本から命名される対象と名前、提案者を書いておきましょう。

いるか座 18番星系 / (命名)主星 Musica,惑星 Arion /  徳島県立城南高等学校科学部

おうし座 アイン系 / (命名)惑星 Amateru* / 広島県呉市かまがり天体観測館
*オリジナル提案名Amaterasuは既に別天体(小惑星)に名付けられていたため変更されている

わし座 xi星系 / (命名)主星 Libertas / 惑星 Fortitudo / 法政大学 学生団体LIBERTYER

おおぐま座 HD81688系 / (命名)主星 Intercrus / 惑星 Arkas / 岡山アストロクラブ


これら4つの系外惑星たちは、いずれも国立天文台岡山物理観測所にて発見されたもの。
あと2つ当地にて発見されたものも対象としてあったが、メキシコとカナダに命名をかっさらわれました。

ともあれ、どれも素晴らしい名前とその由来があります。
今回のような企画自体も素晴らしいのですが、名付け由来とセットで見る星空もいいもんでしょうね。
これから先、ここでついた惑星を携える主星たち見つけ、名前を唱えながら順番に望遠鏡で眺めてみたいもんです。

では資料は、私の所属する岡山アストロクラブの命名告知資料です。
この提案名、クラブの中でいくつか予備候補を集めてクラブ内投票、選んでいただいた私の候補をIAUへ提案していました。
 


こんとき書いたHD81688系のイメージ画です。フォトショップだけで書いたんですよ〜

 
最後は、IAU作成の全命名リストです。壮観ですよ。
ちなみに私たちの命名は12時方向にさんぜんと目立っております(^^;


※クリックででかい画像


発表後のNHKニュース映像にて




2015.12.01 Tuesday

TWE-Lite 無線モジュールで簡単工作

TWE-Lite 超小型無線モジュール おもしろそうだったので昨年だったか発売されてすぐに買っていたのだが、特段利用する必要もなかったためその後ほったらかしにしていた。

仕事で、遠隔操作のできる弱い光のスポットライトが必要になることがあり、もったいない使い方だけどモジュールを使って作った。
今回はTWE-Lite DIP モジュール二台、単純な親機・子機として使うのだが、電子回路の途中で挟むイメージで、組み込み自体は全く簡単。
このモジュール、デジタル入出力4、アナログ(PMW自動変換)入出力、シリアル通信などにも対応した無線化モジュールなんだが、今回の使い方はほんともったいない。

スポットライトは百均のズーム調節レンズ付きLED懐中電灯。マイクスタンドに差せる径だったからグッド。
親機側にはオン・オフスイッチを、モジュールの先の子機にはトランジスタ経由でスイッチングさせLED懐中電灯を取り付け。
 
ブレッドボードで回路テスト後、親機側・子機側を、いつものようにいいかげんな工作で作成。
家の中だと端から端まででもオン・オフできた・・・家ちいさいし。
して、TWE-Lite、最近はUSBタイプのモノまであって、パソコンから直接信号のやりとりができるっちゅうので、早速購入。
Telnet や TWE-Liteのサイトで手に入る入出力指示の無料ソフトを使い、パソコンを親機としてやってみたが、簡単にON/OFFできる。こんなことなら子機だけ作っておけば良かったな〜

ま、とりあえず、これで職場持込ですじゃ。


2015.11.23 Monday

はやぶさ2 地球スイングバイは空のどこを通る?

にわかに盛り上がっている? はやぶさ2 の地球スイングバイ。
要は 地球に接近するわけなんだけど、それを観たり撮影したりできるもんかいな?という気になることがあって、まずはデータ収集。

12月3日午後7時頃赤道上3100キロあたりが最接近らしいが、これを我が地から狙うのは無理。
日没後空も暗くなり、はやぶさ2も天空上での移動量のわりあい少ない時刻・・狙い定めはやはり北極星付近の通過時のよう。

NASA/JPL の軌道情報を得られるサイトからデータをゲットし、我が地上空での通過を星図にプロットしてみたら、薄明も終わりがけの時刻、本当に北極星の間近を通過するもよう。

とはいえ、軌道データどおり通過するかもわからないし、そもそも少しの誤差でも大きく狂いそうな接近。おまけに最接近から30分ほど前とは言え、この30分で相当距離が遠く異なる「はやぶさ2」がどこまで光度を得られるか・・もうほとんど撮ってみて後で確認しないとわからない感じだと想像。
 
はやぶさ2

仕事が早く終わって、いけたらどっか適当なところに行こうかな〜ってくらいだろうか。

2015.11.09 Monday

円周魚眼でイルミ撮り

JR倉敷駅北口を出たところにある公園で始まったばかりの年末イルミネーションの撮影に出かけた。仕事用なんだけど。
向かってしばらくはけっこうな雨・・だったが、そのうち止んでくれたので撮影開始。
100カットくらい撮ったかも。
雨だったことや、始まったばかりということか、ほとんど人がいなかったので、じっくり撮影できた。
 


残念なのは、撮影開始してすぐ、低アングルから狙うためしゃがんだところ、はいていたジーンズのケツが大破れ!
人がいなかったのであまり気にせず園内をグルグル。そのうち破れたことなどすっかり忘れてしまってた。

今年はいろいろなイルミネーションを撮りたいんだけど、いけるかな〜
 

2015.06.09 Tuesday

ほたる撮り

自宅から車で1時間ほどの赤磐市滝山のお気に入りの場所へ、ふらっと蛍撮りに出かけた。
ここ、メイン道路からちょっと外れてるから車は通らないし、人もほとんど来ないしってな毎年お世話になってるマイベストポイント。
 

ISO-3200 f4.0 4sec x10コマ SiriusCompにて比較明合成

道路のど真ん中にカメラ置いて・・

ISO-3200 f4.0 4sec x40コマ SiriusCompにて比較明合成

今年は岡山市内の近所での蛍の出が早かったので、もう下火かと思っていたのだが、山奥は丁度ベストシーズンだったのかな。
これまでで一番たくさん飛んでた感じ。

 

2014.12.22 Monday

MySQL4からMySQL5への移行での日本語文字化け対策

ウェッブページで利用しているレンタルサーバ(うちはLolipop)のデータベースの移行作業で少々ハマったので備忘録的に記録しておく。
データベースとかウェッブシステムでは良くある話で、こんなこともあろうかと、日本語文字化けで苦しまないように普段からPHPソースコードやら、データベースのキャラクターコード、PHPのエンコード設定などは全てutf8で統一して組んでいたのだが・・・
はて、ロリポップさんで提供打ち切りとなるMySQL4から、打ち切り直前でMySQL5への移行作業をしてみたところ、データベースからSELECTしてウェブページに出力する日本語部分が全部「?????」とか文字化け。
環境的には前述のとおり全く問題ないと自信を持っていただけに、こっちがはて?です。

で2時間ほど悩んだあげく、試行錯誤してようやく解決。こりゃおまじないレベルとしか言いようがない解決法だか、これで運用している3つのデータベース連携ページが全部問題解決したもんで、これでいいかってことで了。



何をしたかというと、DBとのConnectionを張るコマンドの次に mysql_set_charset("utf8"); と一文入れただけ。
DB側でちゃんと設定しているのになんでこんな念押しみたいなコマンドが必要なのかよく理解できないし、ましてやMySQL4ではちゃんと動作していただけに、アホかって感じ。
あー疲れた。
 

▲top