星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2014.08.25 Monday

2014年夏の曇天続きを検証

今年の夏、西日本の方々は特に星を観られる夜が少なかったと思われている方も多いはず。
私も、これまで経験した憶えがないくらい、今年の夏は満足に星撮り出撃ができなかったと感じている。

報道では、今年の夏、西日本の日照時間は、統計を取り始めて以来最低で、農業などにも深刻な影響もあり得るとか。
一部の報道によると、西日本の日照時間は平年の30%程度とも。

日照時間はあくまでも昼間、太陽の出ている時間帯での観測数値。
では、天文野郎や天文淑女の皆さんが気になる夜のお天気はどうなのか・・・
そこで登場願うのが以前にも取り扱ったことのある「気象台職員目視による天気概況(夜)」のデータである。

気象庁のホームページから、過去5年分、岡山地方気象台の天気概況(夜)データをダウンロード。
「晴」という文字が含まれている夜の日数を集計してみた。
「快晴」「晴」はもちろん、「曇後晴」でも「晴一時雨」でもOK的な感じで、少しでも晴れ間が観測されている日数ということで、星撮り好きにとってはかなり緩い条件。
集計期間は、各年6月1日〜8月24日までのほぼ三ヶ月(85日)である。

で、結果は次のような感じ。

夜の晴天日数データ

過去4年間は、この期間(各年85日)のうち、少ない年でも40日以上「晴れ」を含む夜のお天気だが、今年はたったの30日。
ざっくり考えると、普段は梅雨期間を含むこの期間でさえ、全日数の約5割は晴れが拝める夜なのだが、今年はそれが3割ほど。
目視とはいえ公的な観測データでも、今年の夏は【晴れない夜が多かった】ということである。

ということで、私も、夏の天の川に埋もれる赤〜い天体たちを一つとして撮影することなく今年の夏は終わりかけなのである。

 

2013.11.27 Wednesday

太陽観測衛星SOHOで見るアイソン彗星

太陽に近くなったアイソン彗星(C/2012 S1)はしばらく地上から見られない状態になったが太陽観測衛星で見られるようになった。
以下の画像はSOHOの最新画像および過去画像の一部を表示するようにしている。
この記事をタイミング良くみられれば最新画像でアイソンの勇姿がみえてるかも。

--2013/11/29 追記--
リアルタイム画像の貼り付けは終了しました。
近日点通過後、彗星核が観測されなくなったとのNASA発表は残念でしたが、接近の様子だけを記録として、主な過去画像とアニメーションGIFを貼っておきます。

▼SOHOによるアイソン彗星近日点通過の様子(アニメーションGIF)


SOHO広角によるアイソン彗星太陽接近の様子(静止画一覧)
 
▼2013/11/27 08:30のSOHO画像


▼2013/11/27 20:42のSOHO画像
アイソン彗星

▼2013/11/28 06:30のSOHO画像

▼2013/11/28 14:30

2013.11.11 Monday

夜の晴天日数 - 全国の夜間晴天率

全国の夜間晴天率って納得できる集計でざっくり判る情報はウェッブ上では見つからない。ということで気象庁の便利なサービスを利用して自分で集計してみた。

晴れの国おかやま...と言い出して久しいが天文屋にとっての晴れの条件は結構厳しい。自分も相当天気ばかり気にしている口である。
住んでいる岡山は幸い夜もよく晴れてるとは思うが、実際どうなのか統計的な情報が気になっていたのである。

元ネタは気象庁気象統計ウェッブページからCSV形式で引っ張れる過去データ。
全国の気象台の様々な項目を抜き出すことが出来るのだが、これらの「気象概況(夜間)」の項目を過去10年分集計。
気象概況は、気象台職員が実際に空を目視観測した情報だと思われる。(未確認)
判定は気象台が異なっても記載用語はほぼ統一されていて、今回の「晴れ」として扱ったのは、「快晴」「晴」「晴れ一時曇」の3判定とした。天文屋の厳しい目から「薄曇」とか「晴一時雨」とか「曇時々晴」とかは晴れとして算定しないようにした。

さて、勝負のしがいのある適当な都市や、近県、日本海側の都市などをピックアップしてデータ取得&集計してみた。
集計は2003年〜2012年の10年間を対象に行い、平均をとって年間晴天日数を出した。

その結果、岡山市は全国的に見ても確かに夜もよく晴れている。
夜間晴天率は、東京が1/4以下であるのに対して、岡山は1/3以上。そんだけしっかり晴れているという結果。
ただ、集計対象の中で高知市には負けた。まぁこれは感覚的には納得できる結果だ。
おそらくだが、冬場の夜間晴天で少し差が付いているのではないかと思っている。これについては後日検証・追記してみたい。

全国の夜間晴天日数

以下 2013.11.12 追記

早速翌日、岡山市vs高知市ということで両市のデータを季節ごとに分け、前回と同じように10年分を集計した。

思ったとおり、年間の晴天日数の差は、冬場が主な原因のよう。
岡山の場合、通常の冬型の気圧配置であるときは、県北部が雪や曇り空で、県南部が晴天となるパターンが多い。
ところが冬型があまりにも強すぎる場合には県北の曇り空が県南まで覆い尽くすことが時折ある。
冬場、星撮りの時はこの状況を結構気にしながら、県南都市部の光害を避けるためにどこまで北上できるか考えることが多い。おそらく高知市は強い冬型でも晴天を維持しやすい地勢なのだろう...と考察。

しかし、気象庁のオープンデータはほかにもいろいろ使えそうです。ありがたい。

2013.05.18 Saturday

Yahoo! IDが流出とな

ネットニュースでYahoo!IDのID情報が2200万件も流出したとの情報を見て早速ログイン
どうやら自分のIDはアタリを引き当てていたようである。これが宝くじだったら嬉しいのだが(^^;
ともあれIDのみの流出とのことなので慌てることはないように思うが、問題は情報そのものが流出したこと。パスワードも含めて流出してしまう可能性だってあるんじゃないか〜と不安にならざるをえない。
最近では、ログインさえ出来れば、登録済みのクレカ番号で買い物なんかもできちゃうサービスも当たり前に利用できるし、その他でもなりすましされては困ることはいくらでもある。高度で大きなサービスを提供している企業だからこそ尚の事しっかりやってもらいたいもんだ。



2013.03.07 Thursday

パンスターズ彗星を日本最速で見つけよう!

3月10日の近日点通過をまじかに控えたパンスターズ彗星(C/2011L4)、南半球ではしっかりテイルが出ている様子が写真などで見られる。
近日点の3月10日を過ぎて北半球でも徐々に観測できる高さになってくるのだが、実はそれより以前、条件次第では今日3月7日ごろから見られる可能性がある。
近日点を待たずにパンスターズ彗星を見つけてみるとよいかも。

下の星図はパンスターズ彗星の近日点前3月8日から一週間程度の位置をプロットさせたもの。
観測地は岡山市、時間は市民薄明が終わる約10分前の午後6時20分、薄明終了後10分ほど経過した午後6時40分の位置を同時にプロットしている。

西の空、太陽が沈んだ方向、空がどんどん暗くなり、パンスターズがその姿を見せてくれるはず。真っ暗ではないし、地平線近くなので、大気の状態にかなり左右されるため、肉眼では探しにくいはず。簡単な双眼鏡でも用意して臨んでほしい。

▼パンスターズ彗星の見え方(岡山市/18:20と18:40の西の空)
※方角高度は正確ですが、背景の星との位置関係は徐々にずれます。
パンスターズ彗星

さて、パンスターズ彗星、日没後、しばらくは太陽にへばりつくように西の空に没していく。見かけ上、黄道(こうどう)に対してほぼ垂直に移動するため、太陽からなかなか離れてくれないように見えるのだ。

パンスターズ彗星を見るためには、天気や大気の状態は言うまでもないが、とにかく時間との勝負だ。市民薄明終了がこの頃は18:30過ぎ(岡山市)、この前後できるだけ早い時間でパンスターズ彗星を見つけないと、どんどん大気の条件の悪い低空へと埋もれていく。

3月13日には細い月が近くに見えるので見つけやすいかもしれない。
▼3月13日午後6時35分/岡山市西の空


さぁ皆の衆、パンスターズ祭りの始まりじゃ!



2013.01.29 Tuesday

恐るべきマサイ族の視力

 今日夕食中たまたま見たTV番組、フジテレビ「カスペ!・世紀の限界調査SHOWリミッターズ・ハイ」での驚き感想。

番組中でマサイ族の視力検査をやっていたのだが、その結果が恐ろしい。
直径25センチの視力検査の輪っか(切り溝は幅5センチ)を距離1864メートルで識別。視力は11.0という結果だった。

で、切り溝相当5センチの分解能があると仮定して角距離を計算してみたところ、約4.5秒角ということになる。

星見している者からすると容易に想像できると思うが、4.5秒角の離角をもった二重星を肉眼で分離できるとすればスゴイ!

はくちょう座のアルビレオは、距離34秒角なので超ラク勝で分離して見えてるだろうし、りょうけん座のコル・カロリも離角19秒でなんなくクリアー。
離角10秒ほどのアンドロメダ座のアルマクでさえも全然分離して見えるのだろう。

アフリカで彼らが見る天の川も案外粒状感たっぷりで見えてるのかもしれない・・・うらやましい。




2013.01.09 Wednesday

Herschel's Ray 撮ってみたいがぁ

9月を最後に望遠鏡での直焦点ガイド撮影ができていなくて、そろそろ再起動したいところ。
先日この季節に撮りたい天体を物色していたところ、NGC2736 / Herschel's Ray(Pen­cil Neb­ula)を撮ってみたいと一瞬血迷った。

アルファベットの「A」にも似た星雲(超新星残骸)で、まるでNASAのロゴマークの中央を横たわる赤い線と形がよく似ていて、「ほ座」にある淡く巨大なガム星雲の一部とされている。

他人様の画像を勝手にパクってくるわけにはいかないので、写真のあるいくつかのリンクをいかに貼っておく。※最後のリンクのみCanonのデジカメ撮影画像。

http://www.starrycritters.com/tag/herschels-ray/

http://www.astrophoto.at/nebulae/NGC2736/NGC2736_20091121.htm

http://www.astro-pat.com/Latest/NGC2736-22-03182012.htm

ほんでこれが日本から撮れる(見られる)だろうかと考えてみたところ・・
赤緯が約-46°の天体なので、北緯35°では最高高度でもせいぜい9°程度。オメガ・ケンタウリ並みの低さだ。最高高度前後で捉えたとしてもガイド撮影は赤道義的に難しそうだ。
コンディションが激良の日に、いつかはノータッチででも岡山から捉えることができるだろうか。難しいかぁ。そうでしょうね〜


2012.12.06 Thursday

夜の地球-高解像度画像をNASAが公開

以前からNASAが公開してる夜の地球を撮影した衛星画像は有名だが、最近さらに高解像度の画像(2012年撮影)が公開された。(Suomi / NPPの高解像度画像の公開ページ)※開くのに時間がかかると思う...



今回の画像は素晴らしく高解像度で日本辺りの様子だけ切り出すとこんな感じ。


▲クリックでもっと詳細に

都市の細かな灯りの様子が手に取るようにわかる。これでも一番ファイルサイズの小さなJPEGファイルの画像の切り出しで、オリジナルは大きさ 13500px x 6750px ファイルサイズは7.5MB程度。
もっとも大きなファイルはなんと 54000px x 27000px の384MBもあるTIFFファイルだ。
ダウンロードするのにめちゃくちゃ時間がかかった。
この最大のファイルのごくごく一部をピクセル等倍で切り出すと・・・うぉー!


▲クリックでさらに詳細

んで小さい方のフラットマップの画像を、Photoshopの3Dモデル(球体)のテクスチャーに貼り付けてグルグル回して遊んでみた。




2012.09.09 Sunday

リスクはどこにでも

情報セキュリティー関係のまとめを見るにはちょうどよいIPA(情報処理推進機構)から、8月まとめの呼びかけで出た情報。

「情報を抜き取るスマートフォンアプリに注意!」
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2012/09outline.html

これによると、「電波改善」などとうたったアンドロイド向けアプリ数種類のアプリでは、端末内のメアドや電話番号などを抜き取ることを目的としたものに注意せよとな。
今に始まったことではないとは思うが、こんなアプリを流す奴はいけないな。うたい文句や興味本位だけでアプリを入れて他の人間の情報をダダ漏れさてしまったのは、漏らされた方からすれば迷惑な話だろう。
今回は、公式サイトで配布されているものではなさそうだが、Google Playなどに登録されているアプリであっても、実際怪しいアプリを見抜くのは難しいように思うのも事実。現に4月に7万件程度ダウンロードされた不正アプリ「the Movie」シリーズがGoogle Playで配布されていたのは記憶に新しい有名な話だ。

話は戻るが、今回の電波改善とかいうアプリ、SNSのフェイスブック内でもアプリ誘導しているようで、SNS内コミュニティの信頼感というか安心感を逆手にとったやり口で誘導しているようだ。

国内でインターネットが家庭から利用できるようになって20年にもならない。回線も当初はダイアルアップで接続していたというのに今ではブロードバンドは当たり前。携帯端末でも普通にネットが楽しめる時代になっている。
コンピュータ雑誌に付録フロッピーが付いていた時代や、せいぜいアナログモデムでパソコン通信していた頃などは、コンュータウィルス程度の不正アプリなんてのは自分だけ被害の覚悟があればよかった時代だったんだが、今のように誰でも当たり前にネットワークが使える時代では、ウィルスも情報漏えいも「自分だけ」では済まないし、「自分だけ」では防ぎようもない話ばかり。

そんな感じから思うことだが、ソーシャルネットワークシステムも最近流行りのクラウド含めて、知らない人様に漏れて困る情報や不必要な情報を預ける・・・つまるところ自分では守り切れないサービスの利用は慎重が一番ではないか。
スマートフォンでいえば、無料通話のできるLineやViberなどのアプリも電話帳データを投げているので似たようなものかもしれない。・・Viber入れちゃってんだけど(^^;

例えばSNSみたいなところでも、自分の名前や顔写真、携帯番号などの個人情報がネットワーク上の自分の知らないところでリークしたり拡散したりするのは、みな気持ちが悪いはず。でもこんなことは一旦リークすると止められようもない。もちろんSNSを飛び出すのも時間の問題になる。

世間では何か事件や事故が起こると、よくブログなどのウェッブページや携帯サイトの掲示板の書き込みや掲載画像などが報道に使われるシーンを時折見かける。良くも悪くも現実の人間との同定などやる気になればできるってことだ。
そんな状況のネットを利用していることは誰もが承知のことかもしれないが、肝心なのは自分で不必要なリスクをどれだけ下げてうまく使えるかが大事なのではないかと思う。
最初の不正アプリ誘導にあるようソーシャルだから安心ってことも言えなくなってきてんじゃないか。友達のみに公開、友達の友達に公開、限定コミュニティ・・は?大丈夫か?結局裸同然になるのでは? そんな気がしてならない。

人とつながりを求め、広げていくってことは恐らく人間の本質だろうから結構なことだとは思うが、SNSに限ったことではなくコンピュータネットワーク上で人とのつながりや便利さを得るための代償として、結構大きなリスクも背負っているということだと思う。

いや〜なんかダラダラと好きなコト書いちゃったわ。
でも、インターネットや高度なソフトウェアたち・・ほんと便利になった〜(^^;
これからもお世話になりまっす。

2012.09.03 Monday

starmapの星座絵がへん

iPhoneとiPadに入れて使い倒している星図ソフトstarmap。
昔このブログでも紹介したことはあったが、あまり見ることのない星座絵を表示させて眺めていたら・・・絵がなんかへん。

さて、次の星座絵、パッと見て何座?



これがはくちょう座ってか?ちょっと笑える。
自分の知っているはくちょう座は、デネブが尻尾でアルビレオがくちばしのはず。これでは頭とおしりが逆さまだし、バランス悪すぎだろ。
資料性の高い天下のstarmapが、ここで力を抜いていたとは(笑)
一応自分の目や知識を疑ってみて、古い星座絵などが載っている本などを確認してみたが、やっぱりこれはおかしい。ただ、古い星座絵では大神ゼウスの化けた姿ということでハクチョウが短足のまるで「わし」のような姿で描かれているものがあり、首の長〜い美しいハクチョウそのものではない感じは当たらずとも遠からずか。

さて、もう一つ夏の星座いっとこう。
これ。



普通のいるかやん! 初めて見たでこんなん。
これも自分の知っている星座絵であれば、化けくじらとして知られるくじら座風に、ちょいとグロテスクて尻尾がぐんにゃり一回転している「いるか」なんだが・・・
まぁ確かに夜空に見えるいるか座は、グロテスクバージョンより、普通のいるかの方がイメージにピッタリなんだけどね。

ほかにも怪しくいい加減な星座絵満載っぽいので、寝る前に眺めてみるか(笑)

ところで、星座といえば今日気がついたショックなことがひとつ。
記念(特殊)切手の「星座シリーズ第二集」が7月に発売されていたことを今日知った。
昨年だか第一集を買ったときは、第二集はいつ出るんだ?としばらく日本郵便サイトをチェックしていたが、そのうちすっかり忘れてしまっていた。
なんでだか人知れず、話題にもならず第二集が発売されて、気がついた帰り大きな郵便局(集配局)に立ち寄ってみたがそこでは売り切れとのこと。
明日郵便局に電話しまくって在庫確認しちゃると意気込んでいる。



ど〜でもいいが、巨大シートで88星座まとめて販売してくれればどんなにか楽だろう。
ついでに、メシエ天体シリーズとか、マニア向けにNGC天体コンプリート切手シートなんかも作れば買うやつおるで・・・と思うのは自分だけだろうか。
メシエならまだしもNGCコンプだと一枚80円✕7840天体=627,200円か。買えんな。


▲top