星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.01.06 Wednesday

赤フィルターを試す

年末にEOS 6Dを瀬尾さんにお願いしてSEO-SP4改造してもらい、ほぼ一年ぶりのフィルター改造機復帰を果たしてちょっと調子に乗ろうかな〜なんて思いながら過ごした正月休み。
結局2回出られただけとなったが、二度目は、調子こいたついでに富士フイルムのSCフィルターをはめてみて赤モノを撮ってみた。

シート状フィルターは、こんな風にカットしてカメラ内部に収めてしまえば、レンズや鏡筒に関係なく使えて経済的(笑



Leeソフトフィルターも長年こんなふうにして使ってきたけど、肝心のLeeフィルターはケンコーの取り扱いがなくなり、国内で手軽に手に入る商品でなくなってきているのがちょっと残念。

さて、話は戻ってシャープカットフィルター SCには、カットする波長ごとに同じ赤でも細かく設定がある。
ケンコーのR64ほど赤黒いフィルターでもなく、少し黄色よりの幅の広い赤フィルターSC58をチョイス。580nmより短い波長をカットするフィルターというわけだぁ。

以前持っていたHαフィルターは、明るい恒星でやっとピントを合わすことができる感じで、ちょいと苦労していたので、気楽に使えてそこそこ赤モノのコントラストが稼げるならばと試してみた。

LRGB合成前提で、RGBとして使うために、まずはSEO-SP4で普通に撮ったバラ星雲。
RAW現像した一枚物。レベル補正しただけで、フラットなどは処理しとらん状態です。
もう赤がよー出とる。これでええんとちゃう。と思うが・・


で、こっちがL画像用にSC58を入れて撮った画像。
こっちも一枚物でモノクロ化してRGBとほぼ同じ調子になるようレベル補正だけ処理。
 


はん? よーく見比べると、多少コントラストよさげな風な気がしないでもないような、そうでもないような・・・

で、それぞれ10枚ずつコンポしてLRBG合成してみて処理してできたのがコレ。

バラ星雲

普通にRGBから処理してもええような感じにも見受けられますが、RGBだけから処理するのと比べて、星雲部分の処理がそれほど無理なく触れるのは楽でしたので、多少はフィルターの効果もあったのかと・・思うことにします。

RGBのみと、LRGB合成したものとの比較では、コンポ後のこっちの方が星雲部分のコントラストの違いがよく分かるかもです。

<RGBのみコンポしたやつ/4minx10flames>
<LRGBコンポしたやつ/L:8minx10flames RGB:4minx10flames>
そうそう、処理していてもう一つ気付いたこと。
Hαフィルターの時は、そのフレームをLにそのままぶち込むと、(恒星が小さく写るので)恒星の中心と周辺に変な輝度差や色落ちが出るので、Rフレームなどにブレンドしながら処理するという面倒なことをやっていた。
今回のフィルターは幅の広い赤フォルターと言うこともあってか、その意味での処理の難しさは全く感じられませんでした。

最後に同日撮影した とも座の二重星団(M46,M47)です。

ε-160 / Canon EOS 6D SEO-SP4
ISO-1600 / 4min x 5

2015.05.08 Friday

古いバージョンのステライメージで対応していないカメラのRAWを読み込んで処理する方法(備忘録)

天体写真の画像処理は、ステライメージとフォトショップを使ってやっているのだけれど、Canonのデジイチ6DのRAW形式CR2ファイルが、今使っているステライメージ(V6.5)では直接開くことができない。
ステイメ7を買えばよいのだが・・・もったいないので、今のバージョンのステイメで、なんとかRAW現像前(ベイヤー配列)の状態でライトフレームやら、ダークフレームなどを読み込めるようにしたいな〜と思って、あれこれフリーソフトを試してやってみた。

流れは、CR2 -> FITS形式に変換 -> ステライメージ なのだが、
結局3パターンほど流れを見つけ、そのうち一つの流れを備忘録的にここに書く。

以前使ったことのあるフリーの海外製画像処理ソフトIRISをダウンロードしてインストール。
さらにIRISのページから引っ張れるlibdcraw.zipをダウンロード。これは、読み込みできるカメラのRAWファイルを最新対応にするためのもの。
IRISだけでもいろいろ処理できるんだけど、使いづらいのでここでは形式変換の為だけに使う。

IRISのfileメニュー load a RAW file... にてCR2ファイルを読み込みすると、ベイヤー配列のままロードでき、そいつを、Save...にて fits 形式で保存して出力。



これをライトフレームやらダークフレームやら処理ソースに全て行って、 fits にコンバート。
あとはステライメージで開けるのでいつもどおりの処理ができる。

 

2014.04.23 Wednesday

県北新開拓

岡山県北に出かけた。
普段は県南ばかりで撮影して、夏の天の川狙いともなれば年に一〜二回四国に行く程度。
岡山から瀬戸大橋を渡り四国に行くと高速代&ガソリン代で1万円仕事。
岡山県はなだらかな山が多く、県北でもさほど高度は稼げないものだと思っていたところ、先日たまたま立ち寄ったある場所はちょっと期待できる場所。
直焦点でも20人くらいできるスペースがあり、ほぼ360度開けている高度1000メートル。特に北東〜南は地平線まで開けている。それでいて、岡山市内からは地道のみで日中でも2時間半ほどのところ。
なにが期待をそそるかというと、その地図上でのポジション。光害の大きな岡山市や近くの津山市は少し西に振った位置であり、真東や真南には光害の直接向く方向ではないというところ。

突然見つけた場所だったが、あいにく訪れた日は薄雲&微粒子?が多く肉眼でようやく天の川がうっすらと認識できる程度の天気だった。
これはぜひリベンジして真のポテンシャルをチェックしたい場所だ。

唯一撮影した写真は下。

<天の川と赤い月の出>
 

F4.0 ISO-5000 25sec 16mm

 

2014.02.21 Friday

ラジコン戦車ドリー化計画(その2)

先日は戦車を分解して改造計画の考えをまとめ、カメラ積載して走行できるかどうかだけを確認してきたが、今回はいよいよ試作作業。

まずは回路図を起こしてブレッドボードで仮組み。戦車回路と接合して動作確認。
 
 
※上の仮組み段階ではシャッターリモコンモジュールはまだ付けていない。

シャッターリモコンはRC6互換品で十分。今回はネットで280円で買ったヤツ。
まずはバラす。


電池や外枠は不要。回路基板のボタン電池スペース部分も切り取って主要部分を使う。
IR-LEDは一度基板から外して適当な長さで延長。シャッタースイッチも押しっぱなし状態を作るためにジャンパーで接続。ボタン電池の+/-にドリー回路からの線をつなぐ。




仮組して戦車、シャッターが連動して動くことを確認し、本組み。
元々のラジコン操作部は生きているので、プロポからの操作もそのままできる。

ドリー回路から出ているフレキシブルなやつは、RC6(互換製品)赤外線リモコンシャッターのIR-LEDを伸ばしたもの。
ドリー回路の働きは、シャッターを切り、一定の秒数(13秒露出用、30秒露出用の2種類)待機、戦車を少しだけ前進、の繰り返しを行う。回路や制御に使うPICマイコンへのプログラミング自体は超単純だ。

<回路図>

 
ベースがラジコン戦車なので、キャタピラーで走行する。
実際の微速度撮影時では凸凹道を走らせるわけにはいかないので木枠でガイドレールを作成。

夜を待って試写&タイムラプス化してみたのだが・・
フレーム間でガタが発生している。戦車走行時のブレは完全に落ち着く程度の待機時間を入れてからシャッターを切るようにしているので、ソレが原因とは考え難い。戦車を目で追いながらガタの原因を探るも視認できる程度のガタは発生しているようにないのだが、どうやらキャタピラー接地面の凹凸が微妙なガタ(傾き)を発生させているのかもしれない。
表面がフラットな幅の太い輪ゴムに代えてみるなどと思ってはいるが、後日はこのガタ解消の課題との取り組みが必要なようだ。

<試写したタイムラプス動画>


ついでに・・
試写している間にスナップした「火星とスピカ」


2014.02.19 Wednesday

ラジコン戦車ドリー化計画(その1)

リニアレールに沿ってカメラ雲台を動かす装置ドリー。
手動で動かすモノなら数万程度で手に入るが、雲台を電動で動かしたり、さらにはカメラのシャッターと連動させて動かす製品となれば20万オーバー。
星撮りのタイムラプス動画でドリーを使って前景を動かしながら星を撮影しているものを時折目にするが、これを実現するためにはシャッター連動で動くモノが必須。
机の引き出しレールや、本格的なアクチュエーターから自作させることもこれまで考えたが、加工と経費がバカにならない。
その後、自走式ではどうかと考え、カーテンなどを電動化する際に使われている小原のピニオンラック上を走らせる雲台を考えたが、これも結局は駆動メカ部分を自作するのは自分の加工技術では難アリそうなのであきらめていた。

先日ふと「ラジコン戦車」にカメラ雲台を載せ、レールガイドのような安定した板枠の上を走らせればどうかと思いつき、とりあえずやってみることに。

ラジコン戦車もいろいろあるようで、多いのは1/24スケールのちょっと大きめなやつ。今回はさらに小さい手のひらサイズの安価なものを選んで使ってみることに。

京商のリアルアーマー KYOSHO EGG 陸上自衛隊90式戦車をチョイス。
安いショップで2000円程度の代物だ。
 
kyosho egg 90式戦車

コレを選んだ理由はもう一つ、戦車の駆動電池が単三2本、つまり3Vであったこと。シャッター制御に使うPIC回路をその電源のまま実装できる上、おそらく戦車自体の制御チップも3V系だと思ったからだ。



なかなか格好いい。前進後進、旋回、クリックアクションボタンで砲筒の先端に仕組まれたLEDが点灯し、発射音まで鳴って反動アクションが起きる。最近のおもちゃは安いのによくできてるな〜と・・



で、早速分解。中身の構造をチェック。
小型のマブチモーターが2個、駆動制御基板からの信号を受けて、単純に右と左が独立して定速回転するだけの仕組みのようだ。



今回の改造は、元々のラジコン駆動制御を活かしたまま、シャッター信号の合間(インターバル)に一瞬だけモーター駆動信号を出す回路を別に作り、元々戦車にある制御チップのモーター駆動出力ポートに接合させて自走させる仕組みを考えている。
そこで、戦車の基板に乗っている制御チップの出力ポートをチェック。プロポで前進信号を送ったときに反応しているチップのポート(右・左各モータ用の2つのポート)を調べた。
思ったとおり、二つのポートはPICのはき出せる範囲の電流で、かつ電源電圧の3V(実際には2.7〜2.9V)を出していただけのようだ。
こうなれば動かすことは簡単で、PICの出力ポートの信号をそのまま、それら二つの戦車制御チップのポートに直付けして送りつけてやるだけでなんとかなりそうだ。

次は、こんな小さな戦車でカメラを載せて、そもそも動くのか?という点のチェック。
そのために雲台とカメラを実際に積載できるよう手を加える。



雲台は砲台の上に載せるとして、まず砲台を加工。
埋め込まれていたスピーカーやLEDを取っ払う。



ここにドリルで穴あけして、カメラネジ相当の1/4ウィットネジ(厳密にはねじ山の角度が違うが・・)で雲台を固定。
カメラを載せた。



プロポで走行テストすると全然動く。戦車は凄く軽い作りなのにその何倍も重たいものを乗せても走行するとはたいしたものだ。
EOS-Mで動画撮影させながら走らせてみたが、それだけでも超低アングルの迫力映像が撮れて結構おもしろい。

今日はここまで。
次回はシャッター制御&戦車駆動回路を作って戦車本体に仕込む作業。
その先は、安定して真っ直ぐ動かすためのガイドレールの製作と続く予定。

2013.09.04 Wednesday

アイソン彗星Tシャツを作る

OAC(岡山アストロクラブ)で、近々Tシャツっぽいものを少しだけ作る予定がある。
今はクラブ内でプリントに使うためのデザインコンペの最中なのだが、オーダーで専門業者さんに出すとやはりそれなりに経費がかかる。
そこで、何でもやってみろ〜って感じで、シルクスクリーン印刷のおもちゃ的キット「TシャツくんJr」を購入してどれくらい自作でやれるのか試してみた。

まずは原稿作り。黒塗りの部分がスクリーンの網目となってインクが載る部分になる。付いていたスクリーンは120Mという仕様のもので、1インチに120の網目があるらしい。
サクサクとイラストレーターで作成したものを専用のインクジェット用紙に出力し、スクリーンにスプレーのりで貼り付けて紫外線露光装置にセット。
露光が終わると貼り付けていた用紙をはがしてから水でブラッシング。すると下の写真のようにスクリーンの網目が透けた版下が完成。

Tシャツくん

今回は黒いTシャツとポロシャツを用意して、白インクでプリントしてみた。
布地がしわにならないように塗り面の下敷きとして、スプレー糊を吹きかけた厚紙をセットしてから、版の上から白インクを塗布。
この塗りが難しく、何度も上塗りすると絵柄がずれたり、インクが乗りすぎてベタベタ状態になったりする。綺麗に仕上げるにはインクの量やら塗り方はかなりコツだか修練が必要そうだ。
また、やはり細い線は苦手なようで、特に塗りの中にある塗らない細い線は、ほぼインクで潰れてしまう。最低でも2ミリかそれ以上の幅の線でないと塗りがうまくできない感じだ。
プロショップで見積もりをしてもらったときも、最低2ミリ幅以上の線としてほしいと言われたが全くこういうことだったんだろう。

ともあれ細かな文字部分がちょっと難アリっぽいんだが、試しにやってみたTシャツ&ポロシャツプリントの完成である。

アイソン彗星Tシャツ

手間が結構かかるし、塗りの難しさを考えるとOACのやつはプロショップにだすかな・・

2013.07.11 Thursday

一コマ6秒露出で亜鈴状星雲を撮る

梅雨が明けた新月期の夜空、天体写真を撮りに出かけたい日々が続くがなかなか都合も付かずで、仕方なく自宅軒先で少しだけ簡易直焦点撮影して遊んだ。

赤道儀を出すほども元気がなかったので、久しぶりにスカイウォッチャーDOB GOTO 10で直焦点してみることに。

対象は天頂付近にきたM27亜鈴状星雲。
以前DOB GOTO10で直焦点したときの経験を活かし、今回も一コマ露出時間10秒以内の設定でそこそこ歩留まりよく追尾&撮影できることを優先して作業。
さらに今回は街明かりなどで空の明るい自宅と言うことで光害カットフィルターのLPS-P2も装着。

カメラは、Canon EOS 5D mark3 / ISO-16000に設定。
完成画像との比較用にまずは6秒露出一コマものの画像を貼っておく。



50%トリミング、リサイズ以外は何もしていない。
さすがに一コマ画像は醜いもんだ。常用感度最大のISO-25600ではひどく画像劣化していたので、ISO-16000まで下げてこれ。

で、気合いを入れて128枚コンポジットしようかと、これを約15分間程度、約140枚ほど撮影。
いざ処理をしようとPCで撮像を見ると追尾ズレで今ひとつのモノも多かった。なので仕方なく半分の64枚でコンポジットすることに。
コンポジット後画像調整したものがこれ。
星像がきちゃないのはご愛敬と言うことでご勘弁を。

亜鈴状星雲
▲M27亜鈴状星雲
Sky-watcher DOB GOTO-10 / LPS-P2
EOS 5D mark3 / ISO-16000 / 6秒x64枚加算平均合成 / 50%トリミング

追尾ドブと高感度が使えるデジカメならでは?のお遊び画像でした。



2013.05.28 Tuesday

比較明合成撮影用なタイマーリモートコントローラ製作中

前回モーションセンサーレリーズを完成させた以降、今度はLCD(液晶キャラクター表示装置)への出力をお勉強。
してその流れで比較明合成撮影向けのEOS用タイマーリモートコントローラを作っている。
通常の売り物であるタイマーリモートコントローラは、遅延タイム、インターバルタイム、露出時間、コマ数の設定ができるが、比較明合成を前提とした撮影では、遅延タイムやインターバルタイム、撮影コマ数設定は全く使うことがない。結局は、指定秒数の露出が最短のインターバル(または連続シャッター)で無制限に撮影出来ればよく、撮影中の情報としては総露出時間があれば嬉しいという感じ。
また売り物のタイマーリモートコントローラは液晶表示部が暗いため最近は設定数値がよく見えない場合が多く、バックライト明るめのLCDは多分重宝する。

比較明合成撮影用タイマーリモートコントローラ

制御部の試作はほぼ出来上がっていて、レリーズ(スタート)ボタン、露出時間の設定(秒数のUP/DOWN)ボタンだけを入力として、LCDには 一行目に「撮影中フレームの露出経過秒数/設定露出秒数」 二行目に「撮影済みフレーム数」と「総露出時間(分)」を情報表示させている。

今回の試作段階、特にPICプログラム(アセンブリ言語)では、LCD表示や制御の仕組み、8ビットだけでは管理できない数値の取り扱い、数値>アスキーコード変換など、新しい要素が多かったため、コードを思考するのがとても楽しかった。

露出秒数設定を2ボタンのみで行うため、数値送りなどを快適に設定できるように変更するなど、使いやすさをもう少し詰めてから仕上げるつもり。



2013.05.17 Friday

シャッター制御をモーションセンサー化して遊んでみた

またシャターネタかよ〜と言われそうだが・・・

秋月電子通商さんから、今後使いそうな電子パーツを一括購入していたものが今日届いた。
さっそく一緒に買っていた焦電型赤外線センサモジュール「PIRモーションセンサーユニットSE-10」を使って、先日組んでいたカメラのシャッター制御回路に乗せてみた。
とはいっても、このモジュールの検知信号は5Vロジック系の出力にそのまま使えるものなので入力スイッチをそのまま置き換える程度で済んだ。
モジュールが電源投入後10秒ほどLow状態で、PIC側ではONとして捉えてしまうため、電源投入後にシャッターがその間切れっぱなしになる。PICのプログラムで起動後ウェイトを入れることでここは対応。



実際にカメラ(Canon EOS 7D)につないでバシャバシャ自分撮り。おもしれー。

さて、実体配線図のような回路図で笑われそうだがとりあえず自分メモとして回路図をUPしとく。もちろん手書き。


メモ:
LED1は暗めのパイロットランプ
SW1は手動シャッターでPICのRA1入力ポートに
センサーユニットからの動体検知信号はPICのRA2入力ポートに
シャッター信号はRB3から出力、同時にRB4も出力してシャッター中LED2点灯
最短距離で配線といわれるPICのパスコンはとりあえずPICをまたいで配線


2013.05.14 Tuesday

EOSのシャッター制御(テスト編)

何も知らないおっさんが電子工作を始めようと思い立って約1ヶ月弱
数冊の本を読んだくらいでは電子回路設計なんてほんとできん。単純な回路図を見て若干パーツの役割やらブロックごとの機能を少し読めるようにはなった気がするが、では書いてみろ!といわれると相当難しい。一体みんなどうやって回路設計術を身に着けているのか不思議なくらいだ。
最近になって超単純な回路がようやく組めるようになってきたので、ちょいと天文ネタっちゅうかカメラネタっぽいことをやってみようと試行錯誤している。

今日はそんな試行錯誤で進展があったのでブログネタにしてみた。
現状やっていることは、自分の持っているデジタル一眼レフ Canon EOS 7D / 5D mk3 のシャッターを外部からコントロールできるようになること。

最初にやったのは、カメラのレリーズ(リモートコード)の仕組みを調べること。
こいつはネットでもあちこちにネタがあるほど単純。三極のプラグに結線されている3本の線をあるパターンでショートさせれば、AF動作(半押し)やシャッターが切れる全押しの状態となる。
自分の持っていたコードでは、「裸の線」がグラウンドで、これと「白の線」をショートさせると半押しになり、加えて「赤の線」をショートさせると全押しになる。



コネクタをカメラに繋いだ状態で、ワニ口クリップを使ってショートさせるとそれだけでちゃんと動作する。テスターで計測したところカメラ側からは2V強の電圧でごくごく僅かな電流が流れるだけのようだ。

さて、並行してやっていたのはPICマイコンを使って入力/出力の基本的なお勉強。
とりあえず、内部オシレーターで駆動できるPIC16F648Aを使い、入力ポートに接続したスイッチを押したら、2つの出力ポートに接続したLEDが同時に1秒間点灯するプログラムを書き込んで、回路を組んでテスト。(下の写真 左側に組んでいるやつ)

次に、取り組んだのは、トランジスタを使ったスイッチング回路。PICの出力ポート電圧と同じ5Vの微弱電流がベース側に入ることで、コレクターエミッタ間にまたいで接続させたリモートコードの赤・白線/GND線をスイッチさせる単純な回路を組んだ。タッピングスイッチONでベース側を通電させるとカメラのシャッターがきちんと切れる。(下の写真 右側に組んでるやつ)



で、この2つの回路がそれぞれ思ったとおり動作してくれたので・・・
PIC出力ポートのLED(と抵抗)を一つ取っぱらい、シャッター回路に接続。
これで、左側のスイッチを押すとLEDが一灯点きつつ、シャッター信号が1秒間カメラに送られるはず。



EOS 7Dをつないでスイッチオン・・・カチャカチャカチャ
カメラを連写モード(ノーマルスピード)にしていたので3コマ連続で撮影してくれた。
ハイスピードモードでは6コマ、シングルシャッターではもちろん1コマの撮影で動作した。ん?7Dは高速連写一秒8枚のはずだが・・・
1秒信号が出てないのかと一瞬思ったが、暗い部屋の中での撮影だったので若干スローになってたみたい。

ともあれ、カメラのシャッターが制御できる基本はゲットできた模様。
まずはプログラムを書き換えてインターバルタイマー的な動作でもさせて遊んでみるつもりだ。
その先の展開はまだ具体的に考えていないが、とりあえずPICの入力側にモーションセンサーか何かのセンサー信号でも入れてみたい。
音センサーみたいなのを入力側に組んで、大声で「ハイ!チーズ」とか叫んだら何度かシャッターが切れるっちゅうものええかも。
まぁ何でもいいんだろうけど、こうやって素人的に考えてる間は楽しいもんだ。


▲top