星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.21 Wednesday

SiriusCompバージョンアップ予告

比較明合成画像やタイムラプス動画を生成するSiriusComp、5年近くバージョンアップしていませんでしたが、近々新バージョンを配布します。

 

まだ、少々手直しやテストが残っていますのが、遅くても二週間以内にはなんとかと思っています。

 

新しいSiriusCompでは、いくつかの問題点を解決し、また不要と思われる機能を割愛するなどしています。

変更点は次のとおりです。

 

・windows8,10などの64bit-OS対応

・Nikon D800などに代表される巨大なピクセルサイズを持つLサイズ画像でもエラー無く動作できるよう対応

・タイムラプス動画で縦ピクセル1080のものをこれまでのアスペクト比16:9より9:6に変更 1620x1080

・エラーの原因が多い動画コーデック選択を廃止し、無圧縮AVIのみとした(2GB自動分割機能はそのまま)

・タイムラプス動画生成時の回転オプションの廃止

・おまけ機能として、カラーブースト(色強調)機能を追加

 

 

公開までもうしばらくお待ちください。
 


2017.06.18 Sunday

ホタルとともに

梅雨に入るも晴れる日が多く、久しぶりに今シーズン最後かもと思いながらホタルの撮影に備前市方面に出かけた。

岡山市近郊では5月末頃には最盛期を迎えるゲンジボタルも、このあたりの山間では2週間ほど遅れて出る。

昼間に現場脇で草刈りをしていたおじさんとも長話をしていて、そんなことや、金ぼたる(ヒメボタル)の出現場所や時期についていろいろと教えてもらった。

知らない出現場所も教えてもらって、またの機会に行ってみようと思う。

 

さて、この日はありきたりなゲンジボタルと天の川からのはじまり。

カメラ三脚や手のひらにまぶりつくほど活発で、少しシーズン遅れのホタル鑑賞にしばらく時間をが経つのも忘れてしまった。
F2.8 ISO-3200,30sec x 5 比較明合成
川面に映る星々とホタルの軌跡がきれいだった。
F2.8 ISO-6400 30sec x 7 比較明合成
場所を移動し、山ではヒメボタルが乱舞。星と一緒に撮れるともっとよかったのだが。


 


2017.05.12 Friday

岡山天文博物館で天体写真・星景写真展開催中

岡山県浅口市の岡山天文博物館にて岡山アストロクラブ「天体写真・星景写真展」を開催しています。
当クラブ会員が撮影した天体写真や星景写真(星のある風景写真)の作品を展示しています。

期間: 平成29年5月13日(土)〜6月4日(日) 月曜閉館日
時間: 9:00〜16:30
その他:入場料が必要です。
関連URL: http://ww1.city.asakuchi.okayama.jp/museum/event.htm#astro_photo

 


 


2017.04.13 Thursday

今年の桜シーズンにて

今年の桜シーズン、集中してあちこち遊びに出かけました。

 

まずは、岡山市中区操山界隈


 

 

 

別の日だが、落合醍醐桜近くにある岩田畝の古桜にて

 

Eos6D/ISO800/10sec/F2.8/352枚SiriusCompにて比較明合成


2017.03.12 Sunday

雪の残る蒜山・大山

3月初旬、今年は雪がよく降ったようで、蒜山へはまだまだスタッドレスを履いていないと行けない場所も多かった。
OACの仲間3人との同乗で撮影に。
<大山・中蒜山>

<蒜山三座>

F5.0 / 16mm / ISO-800 /6sec x600枚 SiriusComp比較明合成


 


2017.03.06 Monday

月の大きさ

月を見上げて、どれくらいの大きさなのかと思ったことがあります?
望遠鏡などでクレーターなどを観ていても、その大きさについてイメージがなかなか沸きません。
資料では直径何キロとか、もちろん分かりますが、イメージが・・
ということで、スケールあわせして日本列島を重ねて遊んでみました。
月の直径は3474km、日本列島は択捉島から沖縄県の与那国島まで直線でおよそ3300kmです。
月の直径と日本列島の長さはほぼ同じと思ってよいでしょう。
月が大きいと思うか、小さいと思うかはそれぞれだと思いますが、
私は・・意外と月って小さいもんだと思っています。
というか、地球の4分の1の直径を持つ月に対して日本列島が意外と大きいという認識でしょうか。

月の大きさ


 


2017.03.05 Sunday

岡山アストロクラブ天体観望会

天体観望会
 

今年度雨天・曇天で流れに流れた岡山アストロクラブの天体観望会が久しぶりに実施。

今回の観望地は比較的明るい空の地。とはいえ、街に近いので一般のお客さんがよく来られるところ。

会員20名ほど+ゲストの方10名近くで上弦前の月や冬・春の星たちを楽しみました。

そろそろ、新年度の戦略・活動方針を考えないと・・これが悩みです。会長なので(^^;

 


2017.03.02 Thursday

冬のダイヤモンド

岡山アストロクラブのメンバーさんたちと顔出し程度で山に出かけた。

冬の星座たちが西の空に沈むのがきれいだったのでパシャリ。

冬のダイアモンドです。天体改造機で撮ったので、なんとなくオリオン脇のバーナードループなんかも写ってますかね。

春の空では見えなくなる天の川ともしばらくお別れです。

 

 


2017.03.01 Wednesday

小惑星への命名「kagura」(神楽)

2015年12月に発表された国際天文学連合(IAU)の系外惑星命名キャンペーンの結果にて、おおぐま座HD81688(やまねこ座41番星)系への名称提案が採用された岡山アストロクラブ。

主星に Intercrus(インテルクルース)、その惑星に Arkas(アルカス)の提案名が命名されたのですが、その副賞として小惑星めいの命名権が与えられました。

 

クラブ内で提案名を募り、神楽 kagura を申請していたのですが、ようやくIAUから正式命名として発表されました。

 

IAU発表記事

https://www.iau.org/news/pressreleases/detail/iau1701/

 

光度が17等台〜22等程度ですので、肉眼での観望は難しいですね。

 

※画像はIAUより


2017.01.09 Monday

岡山アストロクラブ天体写真展・・見に来てね〜

超が付くほど久しぶりのブログ更新です。

これだけ間の空いた更新は開設以来初めてかもです。

今日は、岡山アストロクラブ写真展の広報です。

会期が一週間と短めで少し分かりにくい場所かもしれませんが、会員の皆さんの素晴らしい天体写真が大集合ですので、ぜひ足を運んでくださいませ。

 

 

開催期間は1月18日(水)〜1月24日(火)です。

場所は、岡山市北区内山下の中国電力岡山支社1Fのエネルギアプラザのギャラリーです。

西向き一通のあくら通りを県庁裏から進入してゆくと、城下筋手前左側になります。

 

ところで、先日年明けのしぶんぎ座流星群、岡山アストロクラブのメンバー有志10人ほどで観望にゆきました。

予想ピーク時刻23時前後を含めて現場には3時間ほどいましたが、観望できたのは群流星が2つ、散在が2つだけ。

といっても群流星の一つはおそらく40°〜50°角ほど長大で明るいものでしたので、それだけで満足でした。

観望中北の空固定にて800コマ以上の撮影も行いましたが細くて暗いのが2筋写っていただけで、公開するほどのものにはなりませんでした。それがちょっと残念。

また、いい流星群に出会いたいですぅ。

 

では、写真展ぜひぜひおいでください。


▲top