星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.12.01 Friday

倉敷科学センターにて写真展開催っす

岡山アストロクラブの天体写真展が明日から開催です。

今年に入って3回目の写真展。

今回の会場は倉敷科学センターです。

もちろん入場無料です。

会期は1月21日まで(定例日、年末年始12/28-1/4は休館)とたっぷりあります。

岡山方面にお越しの方はぜひお立ち寄りください。

 

また、今回は初めての試みで、展示作品30点を収めた写真集も頒布(会場では販売不可のため、サンプル展示とお申込み受付のみ)します。

多数のご来場お待ちしていています。

 


 


2017.09.01 Friday

海ほたる

先日、突然な仲間内の意気投合で、岡山県牛窓町のとある海岸へ、海ほたるの撮影に出かけた。
潮が落ち着いて打ち寄せる波が少々穏やかになった頃、目をこらしていると海中に海ほたるの光がポワ〜っといくつか見えだした。
とはいえ、数は少なく、少々残念な面持ちで被写体としてはあきらめかけていたとき、同行者が砂浜に埋もれた大量の海ホタルを発見。
私の車にたまたま積んでいた「ちりとり」と「バケツ」で、それらを海に帰してやったのち、一同撮影開始(笑
おそらくなのだが・・この海岸、観光のために砂浜に海ほたるを蒔くことがあり、数日の内に蒔かれたモノが、その場で埋もれていたものなのかと想像する。なんとも複雑だか、ちゃんと海に帰してやることができたご褒美ということで、いいよね(^^;


撮影日時:2017/09/01 0:00-

Canon EOS 6D / ISO-5000 / Exp=3.2sec

Canon EF 16-35mm 2.8L / 絞り開放 / fl=30mm

SiriusComp 64 にて 136枚を比較明合成


2017.07.07 Friday

SiriusComp 64 / 20170707c リリース

先月64bit-OS対応の大規模バージョンアップを行って以来、3度目のマイナーナップになります。

多くのご利用、ご紹介、評価をあちこちでいただき、ユーザーの皆さんには感謝です。

少しでも皆さんの声にお応えするため、ほんの少しですがバージョンアップしました。

 

動画生成系の改善です。

 

・これまで 30 FPS が最大だった動画書き出しを 60 FPS に拡張しました。はき出されるファイルも相当大きいですが、これで4Kフルフレームの出力が可能となりました。(注)別途圧縮エンコードさせて形式変換をかけないと、未圧縮AVI再生ではコマ落ち必須です。

 

・一部の縦サイズ指定のアスペクト比において、元画像によっては横サイズ(自動計算)が16の倍数にならない場合がありました。

再生ソフトによっては再生できなかったり、カラー情報が飛んだりすることがあり、今回のBugFixにて強制的にアスペクト比を16倍数で設定させるように仕様変更しました。

 


2017.06.28 Wednesday

Siriuscomp 64 / 最新リリース 20170628a 公開

6月23日(5日前)の64ビット対応版SiriusComp公開から、これで二度目のバージョンアップになります。

今回のリリースで、特にバグがなければ、しばらく落ち着かせようと思います。

今回のバージョンアップは、主に動画関係の仕様改善で、バグ対応はありません。

 

概要・ダウンロードは、SiriusComp 配布サイトから、

また仕様変更の詳細は ソフト更改履歴ページにてご確認下さい。

 


 

5年ぶりのバージョンアップから、ほぼ二日おきに二度もバージョンアップしてしまって、その間ダウンロードしてくださった1200人超の皆さんに申し訳ない気持ちもありますが、今後しばらくバージョンアップは予定しませんので、よろしければ再ダウンロードしてやってくださいね。

 


2017.06.25 Sunday

SriusComp大幅バージョンアップ版公開しました

5年もほったらかしの間に32bit-OSは廃れつつあり、今や64bit-OSあたりまえのPCの世界。

ようやく先日から取りかかった、比較明合成(暗合成)、タイムラプス動画作成を簡単に行うフリーソフトSiriusComp最新バージョンを公開しました。

 

XPなんかの32bit-OSでも動作はしますが、今回の目玉は64bit-OS対応したことです。

体感的にはあまり変化はないかもしれませんが、ロジック全体を軽めに見直しているので、メモリ消費量は2割程度落とせています。

そのため、古いマシンでも時間さえ我慢すれば粘り強く動きます。

windows8,10を64bit-OSとして入れている場合はパフォーマンスは最高※当社比(笑)です。

 

さて、今回の最新バージョンの主な変更点を書いておきます。

・見た目や操作方法はほとんど変えていません。

 

・64bit化によって、大きな画素数を持つ最近のカメラの元画像からでも処理します。処理速度に最も影響するのはこの画素数ですが、横ピクセル6000程度なら普通に処理してくれます。実験では横13000ピクセルというあり得ない画像をコンポジットするテストも行いましたが、動画も、静止画もさほどストレス無く処理できていました。

 

・静止画合成系のオプションに「カラーブースト」というお遊び機能を付けています。自分的にはちょっとイケてないので、おいおい詰めてゆきます。

 

・もちろんこれまでどおり比較暗合成画像も作れます。ISSの月面通過、金星や水星の太陽面通過など特殊な利用となるでしょうけど、そのときのために残しています。

 

・一番力を入れたのが動画系です。残念ながら圧縮コーデックを直接指定して実行させるオプションは廃止しました。外部エラーを起こす原因となっていなのでなしです。動画は未圧縮非劣化のAVI動画のみでの保存です。ファイルサイズが2GBを超えないように自動分割させる機能は前バージョンと同じです。

 

・動画サイズに 4K 相当の作成オプションを付けました。現状では、4種類 4K,2K,PC(DVD画像相当),スマホ(VHS画像相当)です。ただし、元画像の縦サイズ(たいていは短辺側)のピクセルサイズを基準に、指定された動画サイズの縦いっぱいになるように伸縮させ、横幅は、オリジナル画像のアスペクト比から計算して割り出した動画を作ります。

通常の一眼カメラは3:2、コンデジの多くは4:3、設定を変えて1:1とか16.9などのワイド画面用の撮影もできるのですが、これらのアスペクト比の画像からでも、ピッタリサイズな動画を生成します。

 

・動画は廃止予定としていた回転機能を維持しつつ、ロジックを大幅に高速化しました。縦構図て現場撮影したときなど、動画化する際に回転をかけておくとスマホやテレビなんかでもかっこよく表示されます。

 

・動画に埋め込むことのできるファイル名やEXif撮影日時もテキストフォントを動画の大きさに合わせて調節させるようにしました。

 

・こちらはバグ対応ですが、二日前に公開したバージョンではUFRaw連携で外部現像させ取得したファイルの合成がうまく機能していませんでした。これも完璧に直しています。

 

ダウンロードは配布サイト http://phaku.net/siriuscomp/

少し先にまた小さな改良(バグ対応ではありません)を予定しています。動画系です。

しばらくはちょこちょこチェックしてみてくださいね。

 

siriuscomp windows10
 


2017.06.21 Wednesday

SiriusCompバージョンアップ予告

比較明合成画像やタイムラプス動画を生成するSiriusComp、5年近くバージョンアップしていませんでしたが、近々新バージョンを配布します。

 

まだ、少々手直しやテストが残っていますのが、遅くても二週間以内にはなんとかと思っています。

 

新しいSiriusCompでは、いくつかの問題点を解決し、また不要と思われる機能を割愛するなどしています。

変更点は次のとおりです。

 

・windows8,10などの64bit-OS対応

・Nikon D800などに代表される巨大なピクセルサイズを持つLサイズ画像でもエラー無く動作できるよう対応

・タイムラプス動画で縦ピクセル1080のものをこれまでのアスペクト比16:9より9:6に変更 1620x1080

・エラーの原因が多い動画コーデック選択を廃止し、無圧縮AVIのみとした(2GB自動分割機能はそのまま)

・タイムラプス動画生成時の回転オプションの廃止

・おまけ機能として、カラーブースト(色強調)機能を追加

 

 

公開までもうしばらくお待ちください。
 


2017.06.18 Sunday

ホタルとともに

梅雨に入るも晴れる日が多く、久しぶりに今シーズン最後かもと思いながらホタルの撮影に備前市方面に出かけた。

岡山市近郊では5月末頃には最盛期を迎えるゲンジボタルも、このあたりの山間では2週間ほど遅れて出る。

昼間に現場脇で草刈りをしていたおじさんとも長話をしていて、そんなことや、金ぼたる(ヒメボタル)の出現場所や時期についていろいろと教えてもらった。

知らない出現場所も教えてもらって、またの機会に行ってみようと思う。

 

さて、この日はありきたりなゲンジボタルと天の川からのはじまり。

カメラ三脚や手のひらにまぶりつくほど活発で、少しシーズン遅れのホタル鑑賞にしばらく時間をが経つのも忘れてしまった。
F2.8 ISO-3200,30sec x 5 比較明合成
川面に映る星々とホタルの軌跡がきれいだった。
F2.8 ISO-6400 30sec x 7 比較明合成
場所を移動し、山ではヒメボタルが乱舞。星と一緒に撮れるともっとよかったのだが。


 


2017.05.12 Friday

岡山天文博物館で天体写真・星景写真展開催中

岡山県浅口市の岡山天文博物館にて岡山アストロクラブ「天体写真・星景写真展」を開催しています。
当クラブ会員が撮影した天体写真や星景写真(星のある風景写真)の作品を展示しています。

期間: 平成29年5月13日(土)〜6月4日(日) 月曜閉館日
時間: 9:00〜16:30
その他:入場料が必要です。
関連URL: http://ww1.city.asakuchi.okayama.jp/museum/event.htm#astro_photo

 


 


2017.04.13 Thursday

今年の桜シーズンにて

今年の桜シーズン、集中してあちこち遊びに出かけました。

 

まずは、岡山市中区操山界隈


 

 

 

別の日だが、落合醍醐桜近くにある岩田畝の古桜にて

 

Eos6D/ISO800/10sec/F2.8/352枚SiriusCompにて比較明合成


2017.03.12 Sunday

雪の残る蒜山・大山

3月初旬、今年は雪がよく降ったようで、蒜山へはまだまだスタッドレスを履いていないと行けない場所も多かった。
OACの仲間3人との同乗で撮影に。
<大山・中蒜山>

<蒜山三座>

F5.0 / 16mm / ISO-800 /6sec x600枚 SiriusComp比較明合成


 


▲top