星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.05.12 Friday

岡山天文博物館で天体写真・星景写真展開催中

岡山県浅口市の岡山天文博物館にて岡山アストロクラブ「天体写真・星景写真展」を開催しています。
当クラブ会員が撮影した天体写真や星景写真(星のある風景写真)の作品を展示しています。

期間: 平成29年5月13日(土)〜6月4日(日) 月曜閉館日
時間: 9:00〜16:30
その他:入場料が必要です。
関連URL: http://ww1.city.asakuchi.okayama.jp/museum/event.htm#astro_photo

 


 


2017.03.06 Monday

月の大きさ

月を見上げて、どれくらいの大きさなのかと思ったことがあります?
望遠鏡などでクレーターなどを観ていても、その大きさについてイメージがなかなか沸きません。
資料では直径何キロとか、もちろん分かりますが、イメージが・・
ということで、スケールあわせして日本列島を重ねて遊んでみました。
月の直径は3474km、日本列島は択捉島から沖縄県の与那国島まで直線でおよそ3300kmです。
月の直径と日本列島の長さはほぼ同じと思ってよいでしょう。
月が大きいと思うか、小さいと思うかはそれぞれだと思いますが、
私は・・意外と月って小さいもんだと思っています。
というか、地球の4分の1の直径を持つ月に対して日本列島が意外と大きいという認識でしょうか。

月の大きさ


 


2017.03.05 Sunday

岡山アストロクラブ天体観望会

天体観望会
 

今年度雨天・曇天で流れに流れた岡山アストロクラブの天体観望会が久しぶりに実施。

今回の観望地は比較的明るい空の地。とはいえ、街に近いので一般のお客さんがよく来られるところ。

会員20名ほど+ゲストの方10名近くで上弦前の月や冬・春の星たちを楽しみました。

そろそろ、新年度の戦略・活動方針を考えないと・・これが悩みです。会長なので(^^;

 


2017.03.02 Thursday

冬のダイヤモンド

岡山アストロクラブのメンバーさんたちと顔出し程度で山に出かけた。

冬の星座たちが西の空に沈むのがきれいだったのでパシャリ。

冬のダイアモンドです。天体改造機で撮ったので、なんとなくオリオン脇のバーナードループなんかも写ってますかね。

春の空では見えなくなる天の川ともしばらくお別れです。

 

 


2017.03.01 Wednesday

小惑星への命名「kagura」(神楽)

2015年12月に発表された国際天文学連合(IAU)の系外惑星命名キャンペーンの結果にて、おおぐま座HD81688(やまねこ座41番星)系への名称提案が採用された岡山アストロクラブ。

主星に Intercrus(インテルクルース)、その惑星に Arkas(アルカス)の提案名が命名されたのですが、その副賞として小惑星めいの命名権が与えられました。

 

クラブ内で提案名を募り、神楽 kagura を申請していたのですが、ようやくIAUから正式命名として発表されました。

 

IAU発表記事

https://www.iau.org/news/pressreleases/detail/iau1701/

 

光度が17等台〜22等程度ですので、肉眼での観望は難しいですね。

 

※画像はIAUより


2017.01.09 Monday

岡山アストロクラブ天体写真展・・見に来てね〜

超が付くほど久しぶりのブログ更新です。

これだけ間の空いた更新は開設以来初めてかもです。

今日は、岡山アストロクラブ写真展の広報です。

会期が一週間と短めで少し分かりにくい場所かもしれませんが、会員の皆さんの素晴らしい天体写真が大集合ですので、ぜひ足を運んでくださいませ。

 

 

開催期間は1月18日(水)〜1月24日(火)です。

場所は、岡山市北区内山下の中国電力岡山支社1Fのエネルギアプラザのギャラリーです。

西向き一通のあくら通りを県庁裏から進入してゆくと、城下筋手前左側になります。

 

ところで、先日年明けのしぶんぎ座流星群、岡山アストロクラブのメンバー有志10人ほどで観望にゆきました。

予想ピーク時刻23時前後を含めて現場には3時間ほどいましたが、観望できたのは群流星が2つ、散在が2つだけ。

といっても群流星の一つはおそらく40°〜50°角ほど長大で明るいものでしたので、それだけで満足でした。

観望中北の空固定にて800コマ以上の撮影も行いましたが細くて暗いのが2筋写っていただけで、公開するほどのものにはなりませんでした。それがちょっと残念。

また、いい流星群に出会いたいですぅ。

 

では、写真展ぜひぜひおいでください。


2016.07.15 Friday

BOUNDS - IchigoJam BASIC 作例-1

IchigoJam BASIC による作例 01 「BOUNDS」 です。

 

 

細かな説明はしませんが、このプログラムの概要は次のとおり。

 

1)枠の描画(VIDEO出力のON-OFFにて高速化)

2)二つの玉がランダムな位置に出現

3)枠内をバウンドしながら動く

4)当たり判定して、二つの玉がぶつかったら 2)へ

※最上部にCORとして、ぶつかったカウントを表示

 

▼ソース

10 'BOUNDS
20 CLS : LOCATE 0,0
30 PRINT "<< BOUNDS >>"
40 GORUB 210 : C=0
50 X=RND(20)+4 : Y=RND(14)+4
60 A=RND(20)+4 : B=RND(14)+4
70 M=1 : N=1
80 0=-1 : P=-1
90 LOCATE X,Y : PRINT "*"
100 LOCATE A,B : PRINT "*"
110 IF X=1 OR X=30 M=-M : BEEP 10,2
120 IF A=1 OR A=30 O=-O : BEEP 10,2
130 IF Y=2 OR Y=20 N=-N : BEEP 5,2
140 IF B=2 OR B=20 P=-P : BEEP 5,2
150 IF ((X-A)*(X-A))<2 AND ((Y-B)*(Y-B))<2 GOTO 360
160 LOCATE X,Y : PRINT " "
170 LOCATE A,B : PRINT " "
180 X=X+M : Y=Y+N
190 A=A+O : B=B+P
200 GOTO 90
210 REM ---- SUB WINDOW
220 VIDEO 0
230 FOR X=0 TO 31
240 FOR Y=1 TO 21
250 LOCATE X,Y : PRINT "*"
260 NEXT : NEXT
270 FOR X=1 TO 30
280 FOR Y=2 TO 20
290 LOCATE X,Y : PRINT " "
300 NEXT : NEXT
310 VIDEO 1 : WAIT 60
320 RETURN
330 LOCATE X,Y : ?"X"
340 LOCATE A,B : ?"X"
350 C=C+1
360 LOCATE 18,0 : ?"COR:";C
370 BEEP 100,100 : WAIT 120
380 LOCATE X,Y : ?" "
390 LOCATE A,B : ?" "
400 GOTO 50


2016.07.12 Tuesday

ichigoJam

BASICで遊べるIchigoJamを遊んでみた。

小さなボードに収まった結構遊べそうなボードである。

Apple-BASICやN-BASICなどで初めて触れたプログラミングの世界を体験した人には懐かしいはず。

自分で半田付けするパーツキットで1500円、完成品で2000円という価格もうれしい。

 

IchigoJAM BASIC は先のBASICより遙かにコマンドが少ない上、1プログラムの記憶(保存)容量が1024Byteという制約の中でいかに無駄のないアルゴリズムで遊ぶかという点が逆におもしろいボードだ。

 

ボードに、別途用意した、キーボード、ビデオコードでTVに接続、USB-5Vによる給電を行うだけで使える。

キーボードはPS2端子だが、USB変換を入れても大丈夫。

 

IchigoJam BASIC のコマンドリファレンスはB5版の両面一枚のみ。4ポイントくらいじゃないかと思うほどの小さな文字で書かれているので老眼持ちの私には虫眼鏡がいるレベルだ(笑)

 

ichigojam01

 

 

BASICで遊ぶことを目的とするなら大して書くことはないが、電子工作に結びつけて遊べばかなり活用の道がありそう。
ボードの価格からすると、私はそちらのほうに価値を感じる。
百円程度からあるPICマイコンでデジタル回路を組んで作るようなものでも、PICライターや環境の整備などの準備を考えると、ライターなしで、それも単純なBASICで同じような回路組みができそうなIchigoJamは興味がわくところ。
1024byteのプログラム3本がボードで保存できるが、一本(0番保存)のプログラムは、基板上のPUSHボタンを押しながら、電源用のスライドスイッチを入れることで、オードロード&ランできるので、直結加工すれば、キーボードやモニタなし状態で固定プログラムによる利用も可能だ。
ichigojam02


メインのチップには入力4、出力6のピンが未使用の状態であり、各ピンの入出力はBASICにて可能だ。

入力ピンの一部はアナログ入力にも対応しているピンがあるようだが、まだ実際に試していないので今はとどめておく。

デジタル出力PINは20mAの通常のLEDなら点灯できる電流を流せるようで、このあたりもPICと変わらないようだ。

 

なにせ、簡単にBASICを遊べて、ライターなしでデジタル制御回路にも使えるボードの可能性は、少しうきうきする。

次回は、既にBASICで組んだ簡単なお遊びプログラムを紹介する・・予定。

 


2016.05.05 Thursday

夏の星野

岡山アストロクラブの仲間と集まって美作市へ撮影に。
所用があって現地に入ったのは深夜をはるかに過ぎた頃だった。
ちょうどさそりも南中を少し過ぎた頃で、天の川を見るにはよい時間だった。

<さそり座>
Canon EOS6D SEO-SP2 / ISO-1600 / F4.0 / 50mm / 120sec x 4
Leesoft #2
<いて座>
Canon EOS6D SEO-SP2 / ISO-2000 / F4.0 / 50mm / 90sec x 4
Leesoft #2 / 2モザイク
グリーンから黄色へと変化する一筋、みずがめ座η群の流星も飛び込んでくれた。

2016.04.20 Wednesday

火星最接近まであと一か月と少し

5月31日の火星の地球最接近(中接近)まであと一か月と少し。
さそり座のアンタレス、土星と共演中の火星を、自宅からスナップ。
 
なかなか山奥へは撮影に出かけられない状況が続いている。
一度は拡大で火星を撮っておきたいんだが・・

▲top